きれいになりたいと誰もが願うこと。シミ対策のための予防、改善、化粧品の選び方などお伝えしています

menu

シミネクスト~シミ対策の化粧品を正しく選びサビない美肌へ~

紫外線はシミができる原因!素肌を守るために気をつけたいこと

シミの原因紫外線

シミの原因紫外線

シミができる原因を問われると、多くの人が「紫外線」とこたえると思います。

他にもシミができる原因はありますが、
紫外線が大きなウエイトを占めていることは事実です。

だからこそ、シミ対策をするためにはそのメカニズムを知りたいところです。

そもそも紫外線とは何でしょうか?

紫外線は波長の長さによってA波、B波、C波に分けられます。
波長が短いほど身体への影響が大きいのですが、オゾン層によって遮られやすく
太陽光線のガンマ線、X線、紫外線のC派は地上に届くことはありません。

ですから、紫外線のうち地上に届くのは、
「A波(UVA)」と「B波(UVB)」という2種類の紫外線になります。

■A波(UV-A)

エネルギーは弱いものの、波長が長く、じわじわと
お肌の奥深く真皮層にまで到達します。
雲を通り抜けるので、曇りの日でも照射量は変わりません。

■B波(UV-B)

A波に比べて波長は短いのですがエネルギーは強く
お肌の表面にサンバーンを起こします。
雲やガラスなどで、ある程度遮られます。

—————————————–

このように、A波、B波ともにお肌にダメージを与え老化を促進させます。
特にA波は真皮にまで達し、お肌のハリや弾力を保つコラーゲン線維や
エラスチンを傷つけてしまいます。さらに、これらを生み出す力も衰えさせてしまいます。
なんとお肌のDNAそのものを傷つけてしまうのです。

シミができるメカニズムは?

そこで、お肌を守ろうとしてメラノサイトでメラニンがつくられます。

お肌のターンオーバーが正常である場合、
シミのもとであるメラニン色素は体外へ排出されます。
ですが、そのターンオーバーが乱れると、メラニンの排出が滞ってしまい
それがシミになって あらわれてきます。

紫外線が原因のシミ対策

お肌のためには紫外線を浴びないようにすることが大切です。
いつまでもシミのない素肌を守るために
日焼け止めクリームをはじめ、さまざまな紫外線対策グッズを利用し
隙のない紫外線対策を行いましょう。

日焼け止めクリームは、秋以降は塗らない人が多くみられますが
紫外線は一年中降り注いでいるので、オールシーズン、こまめに塗りたいものです。
数時間おきに塗ることが理想です。

他にも日傘やUVケアのアウターやストール類、または日焼け止めスプレーなど
いつもカバンに入れておきたいものですね。

また、冬のお肌のケアも大切です。

冬のお肌は、とっても乾燥しています。
バリバリカサカサしたお肌の状態で日に焼けると言うことは、
体力が落ちている状態でハードな運動をするようなものです。
冬の紫外線対策は、保湿とともに行なうようにしましょう。

特にウインタースポーツを楽しむ人は、
帽子、フェイスマスク、ゴーグルなどは必須だと言えます。
夏場と同様に、しっかりと日焼け止めクリームを塗ってお肌のケアを行ないましょう。

万一、紫外線を浴びてお肌にダメージを与えてしまったら
まずはお肌を冷やすこと。
その後、十分に保湿をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事