プラセンタでシミ対策はできるのか?!その効果や選び方は?

プラセンタは果たしてシミに効果があるのかな?と思っていませんか。

プラセンタエキスは酵素チロシナーゼを抑制する働きがあり、
美白成分としても知られています。

ここでは、プラセンタについてもう少し詳しく考えてみましょう。
プラセンタを配合している商品はいろいろとありますから
上手に選んで、より効果が上がるように利用していきたいですね。

そもそも、「プラセンタ」とはなんでしょう?

プラセンタとは、ずばり胎盤(Placenta)のことです。
哺乳類とサメの一部がこの胎盤をつくるんだそうです。
赤ちゃんに栄養を送る大事な器官ですね。

プラセンタに含まれる成分

胎盤には栄養がぎっしりと詰まっています。
お腹の中で赤ちゃんに栄養を送っているのですから当然ですよね。

詳しくお伝えしますと、アミノ酸やタンパク質、脂質、糖質、
ビタミン、ミネラル、核酸、酵素などです。

アミノ酸は身体の細胞をつくる元ですし、ビタミン類は身体の調子と整えてくれます。
また核酸は遺伝子の修復や新陳代謝の調整などを担いエイジングケアに有効だと
言われています。
さらに、抗酸化力を向上させる活性ペプチドや成長因子などが含まれています。

で、ここで間違えてはいけないのがプラセンタという成分があるのではなく、
胎盤から抽出されたものをプラセンタエキスと呼ばれているのです。

プラセンタの主な期待される効果

プラセンタは胎盤ですから、栄養満点でどんな効果も期待できそうですよね。

ちょっと余談ですが
人間以外の哺乳類は出産後、自分の胎盤を食べてしまいます。

実は管理人のkirara☆は
チワワの出産に立ち会った事があります。
チワワはカラダが小さいので、自分ひとりでの出産は大変で
ちょっと手伝ってあげたほうが、スムーズに終えることができるのだそうです。

その時もきれいに胎盤を食べていました。
kirara☆は初めての経験でびっくりしましたけど。

このことは血液の臭いを消すことはもちろん
胎盤を摂ることで、自ら体力の回復を促しているようです。

胎盤は「ザ・栄養」ということができますよね。

で、プラセンタエキスの効果ですが
美容だけではなくさまざまな効果が期待できます。

・活性酸素を除去
・自律神経やホルモンバランスを調整
・組織修復作用
・病気への抵抗力
・抗アレルギー作用
・抗炎症作用がある

などなど、美容関係はもちろん健康、さらには育毛などにも
プラセンタエキスは活用されています。

プラセンタの選び方

今、プラセンタ商品はさまざま販売されています。
プラセンタドリンク、プラセンタサプリメント、プラセンタ注射(医療)
そしてプラセンタ化粧品。。。

—————————————————

●プラセンタ注射
医薬品として厚生労働省から認可を受けた「人」の胎盤から抽出した注射剤。
美容や健康維持にも使用されます。

●プラセンタドリンク
プラセンタエキスを配合しているドリンクですが
メーカーによって、プラセンタの原料や濃度に違いがあります。

●プラセンタサプリメント
プラセンタエキスを配合した錠剤です。
医療機関では「人」の胎盤から抽出したヒトプラセンタを、
一般的な市販のサプリメントは豚、馬のプラセンタを使用しています。

●プラセンタ配合化粧品
プラセンタエキスを配合しているもの

————————————————–

ここ数年のように、プラセンタエキスのパワーが知られると
化粧水などに大きく「プラセンタ配合!!」なんて書かれていたりしますよね。
ドラッグストアなどで良く見かけます。
思わず手に取ったりしちゃいます。

でも、それらはホントにプラセンタエキスのパワーがあるのでしょうか?

もともとプラセンタエキスは
先ほどもお伝えしましたように、胎盤から抽出されたエキス。
おもに馬やや豚などから抽出されていますが
表示されない限り、どの胎盤のエキスなのか分からないですよね。

プラセンタエキスの効果、効能は
体内に直接注入するプラセンタ注射が一番良いと言われています。
ですが、ドリンクなどでの経口摂取も効果が期待できない訳ではないようです。

目安としては、注射→ドリンク→サプリメント のようです。

コスパなど何にも考えなければ
美容皮膚科でプラセンタ注射をしてもらえば、シミ対策が有効にできるという訳ですね。

それと化粧水ですが、
プラセンタとしての効果は期待しないほうがいいかもしれません。
プラセンタ配合と表示されているものでも
どの胎盤を使用しているのか、どのくらい配合されれいるのか書かれていません。

特に、プラセンタ配合を謳った安価な化粧水は
プラセンタの効果は期待しないほうがいいでしょう。

●期待しないほうがよい理由とは
プラセンタエキスは厚生労働省が認めた美白成分です。
チロシナーゼの働きを阻害し、メラニンの生成を抑える働きがあります。

紫外線にあたるとメラニンが発生しますが
ターンオーバーが正常であれば、できてしまったメラニンも
古い角質と一緒に剥がれおちてしまいます。

このターンオーバーを促す働きがあるのが
プラセンタのEGF(上皮細胞成長因子)だと言われています。
ただ、このEGFは高度な技術で抽出されたプラセンタエキスしか
入っていないそうなのです。
抽出するのが難しいために、高価な化粧品にしか入っていないのです。

つまり、一般的なプラセンタ化粧品には
保湿としての働きが強く、
本当の意味でのプラセンタエキスの効果は疑問・・ということなのです。

まとめます

プラセンタは胎盤のことで栄養の宝庫。
またプラセンタエキスは胎盤から抽出されたもの。
プラセンタの原料と抽出する技術によって、品質の高いプラセンタエキスが生まれます。
そして、シミ対策のためだけではなく、美容全般や健康に優れた効果が期待されます。

そのプラセンタエキスの効果をより確かにするには、化粧品などで外から補うよりも
カラダの内側から補うほうがgood!

美容皮膚科でプラセンタ注射を打つという人もいるでしょうけど
プラセンタサプリやドリンクを利用するのが一般的だと言えます。

関連記事

美白成分 アルブチンの効果は?シミ予防の救世主になる理由

シミやくすみに悩んでいる人なら知っていると思いますが 美白に効果があると言われているアルブチン。

記事を読む

美白成分 ハイドロキノンの効果は?副作用はどうなんだろう

厚生労働省に認められていなくても 高い評価を受けている美白成分は数多くあります。 「ハイドロキノ

記事を読む

美白成分 ルミキシルの効果は?敏感肌で悩んでいるあなたへ

美白に有効な成分というと、ハイドロキノンを挙げる人も多いと思います。 「お肌の漂白剤」と言われ、ハ

記事を読む

敏感肌 シミ対策

シミ対策に期待される美白成分とは?

美白のためには、成分をしっかりとチェックしたいものです。 美白化粧品には、シミやくすみ

記事を読む

美白成分 トラネキサム酸の働きや効果は?肝斑に悩むあなたへ

トラネキサム酸は厚生労働省がその効果を認めている美白成分。 ひと言で言うと人工的に作られた

記事を読む

美白成分

美白成分 ビタミンC誘導体の効果は?エイジング世代のあなたへ

ビタミンCからイメージするものは レモンとかグレープフルーツなどの 果物を挙げる人が多いこ

記事を読む

シミに効く成分を成分表示でたしかめていますか?

スキンケア化粧品にはいろいろな成分が含まれていますね。 化粧品のパッケージなどに書かれている成分表

記事を読む

美白成分ハイドロキノン

ハイドロキノンは妊娠中でも大丈夫?副作用も心配だけど透明美肌になりたい

ハイドロキノンを使いたいけど、 お腹の赤ちゃんに影響はないかしら・・・と悩んでいませんか?

記事を読む

美白成分

美白成分 トレチノインについて調べてみた!効果や副作用は?

シミについて調べたことがある人は、トレチノインという成分を聞いたことがあるでしょう。

記事を読む

フラーレン美白成分

フラーレンの効果は?美白も期待できる大注目の美容成分とは

美容業界では もう当たり前に知られている「フラーレン」。 少しさかのぼって1996年に

記事を読む

プラセンタでシミ対策はできるのか?!その効果や選び方は?

プラセンタは果たしてシミに効果があるのかな?と思っていませんか。

シートマスクでシミ対策を!美白肌をめざす使い方とは

美肌に気を配っているなら一度は使った事があるシートマスク。

敏感肌 シミ対策
シミ対策に期待される美白成分とは?

美白のためには、成分をしっかりとチェックしたいものです。

III型ビューティードリンク
「III型ビューティードリンク」はエイジングケア成分がたっぷり!口コミやレビュー

お肌のためだけじゃない、優れた美容ドリンクを見つけました。

トマトのリコピン
シミ対策にはリコピンは外せない!優れた作用って?

Q.最近、トマトに含まれているリコピンがシミ対策によいと耳にし

→もっと見る

PAGE TOP ↑