ハイドロキノンは妊娠中でも大丈夫?副作用も心配だけど透明美肌になりたい

美白成分ハイドロキノン

ハイドロキノンを使いたいけど、
お腹の赤ちゃんに影響はないかしら・・・と悩んでいませんか?

ハイドロキノンは使い方や濃度を間違わなければ 妊婦さんでも使うことができます。
あとでもお伝えしていますが、安全な濃度は2%以内。
ハイドロキノンは紫外線に弱いので、ハイドロキノン配合のコスメを使用する時は
日中よりも夜に使用したほうが良いのです。

そこで、
妊娠中でも安心して使うことができる
濃度2%以内のハイドロキノン配合の美白化粧品をご紹介します。

妊婦さんにも安心して使えるハイドロキノン配合の美白化粧品

「アンプルール」
この美白化粧品に配合されているハイドロキノンは安全。
アンプルール独自の「新安定型ハイドロキノン」を配合しています。

ですから妊婦さんも安心して使用できますよ。
シミに集中してケアを行うスポットタイプの美容液と
お顔全体を24時間美白してくれる薬用美容液が魅力です。

「ビーグレン」
ビーグレンもアンプルール同様、ビーグレン独自の浸透型テクノロジー
「qusome(キューソーム)」という技術を用いています。
これにより、安全なハイドロキノンになっています。

美容ブロガーの中でも人気が高いコスメ。
365日返金保証もついているの安心して使用できます。

人気が高いと言っても人それぞれ、お肌のタイプによって
合う、合わないというのはありますよね。
なのでまず、お試しセットを試してみるといいでしょう。
それでもやっぱり心配。。。という人は 主治医に相談をしたほうがいいです。

シミを早く消したいという気持ちも分かりますが
やっぱりお腹の赤ちゃんが優先♪

妊娠中での口に入るものやお肌に使うものは
神経質すぎるくらいに注意をしたいものです。

ハイドロキノンの濃度ってどうよ?

妊娠中は女性ホルモンの関係から シミができやすくなります。
いつも使っている化粧品でも、
妊娠中となると 配合されている成分が気になりますよね。

ハイドロキノンは美白ケアを行う女性にとって、とても有効な成分です。
「お肌の漂白剤」とも言われていることを知っていますか?
また、今はハイドロキノンよりも効果が高い美白成分はない、とも 言われています。

ハイドロキノンは濃度によって特徴や効果も違ってきます。
濃度が高い方が効果も高いのですが、その分副作用も考えられます。

ハイドロキノンの濃度が1~3%くらいの場合は
刺激が少なく安全性が高いようです。
ですが、即効性は低くなりますから 継続して使用することが大切です。

初めてハイドロキノンを使う場合や妊婦さんなどは
即効性よりも副作用がなく、安全に使用することを考えたほうがいいでしょう。
それでも敏感肌の人は、刺激を感じるかもしれませんので注意が必要です。

濃度4~5%のハイドロキノンは、即効性を感じられるレベルです。
美白化粧品の中には、ハイドロキノンを配合しているものが
ありますが 濃度は4%以下となっていますし
実際は2%程度の濃度が多いようです。

初めてハイドロキノンを使用する人や敏感肌の人は
使用する前に医師に 相談をしましょう。
妊娠中はいつも以上に心身ともにナイーブです。
いつもは大丈夫なことでも、妊娠中は過剰に反応してしまうこともありますよ。

ハイドロキノンの副作用について

・シミが濃くなる
ハイドロキノンは紫外線に弱い性質をもっています。
ですから、ハイドロキノンが配合されている化粧品は
夜専用になっているものもあります。

日中も使用する場合は、紫外線対策は必ず行いましょう。
紫外線を浴びると、かえって濃くなってしまうことがありますので注意しましょう。
室内の場合も日焼け止めクリームは必須ですよ。

・赤みや炎症をひきおこす
お肌の赤みや炎症は、ハイドロキノンがお肌に合わない場合におこります。
また、劣化したハイドロキノンを使った時に炎症を引き起こす場合があります。

ハイドロキノンを初めて使う場合は
パッチテストをしてお肌にあうかどうかチェックしましょう。
また、劣化しやすいですから できるだけ早く使い切ったほうがいいですね。

・白斑をおこす
使用した部分だけが、必要以上に白くなってしまう症状です。
高濃度のハイドロキノンは、白斑をおこす可能性がないともいえません。

ハイドロキノンの副作用はその濃度が関係しています。
濃度が高い方が即効性もあり効果も高まるのですが、
その分リスクも高くなります。

そのリスクをなくすには濃度に気をつけ、正しく使用することです。
特に妊婦さんは、高濃度のハイドロキノンはNGです。
安全性が確認できている美白化粧品を使用しましょう。

妊娠中はカラダの中からしっかりケア!

美白化粧品もいいけれど、
妊婦さんは体調を整えることが大事だと思うのです。

妊娠中は いろいろと悩んだり、考えたりすることが多くなるかもしれません。
ストレスも溜まることもありますよね。
精神的にも不安定になりやすいのです。

たまにはダンナさまとおいしいものを食べに行ったり
ゆったりのんびりと、好きなことをして、ストレスを発散しましょう。

そして睡眠を十分にとること。

十分な睡眠とストレス発散。
この2つに気を配るだけでもお肌の調子は違ってきますよ(^^)

栄養バランスにも心がけたいですね。
小魚・海藻、ビタミンやタンパク質、シミに効く食べ物を積極的に摂りましょう。

サプリメントなどを使用したいと思った時は
まず主治医に相談をし指示を仰いだ方がいいですよ。

関連記事

美白成分

美白成分 トレチノインについて調べてみた!効果や副作用は?

シミについて調べたことがある人は、トレチノインという成分を聞いたことがあるでしょう。

記事を読む

フラーレン美白成分

フラーレンの効果は?美白も期待できる大注目の美容成分とは

美容業界では もう当たり前に知られている「フラーレン」。 少しさかのぼって1996年に

記事を読む

敏感肌 シミ対策

シミ対策に期待される美白成分とは?

美白のためには、成分をしっかりとチェックしたいものです。 美白化粧品には、シミやくすみ

記事を読む

プラセンタでシミ対策はできるのか?!その効果や選び方は?

プラセンタは果たしてシミに効果があるのかな?と思っていませんか。 プラセンタエキスは酵素チロシ

記事を読む

美白成分 トラネキサム酸の働きや効果は?肝斑に悩むあなたへ

トラネキサム酸は厚生労働省がその効果を認めている美白成分。 ひと言で言うと人工的に作られた

記事を読む

シミに効く成分を成分表示でたしかめていますか?

スキンケア化粧品にはいろいろな成分が含まれていますね。 化粧品のパッケージなどに書かれている成分表

記事を読む

美白成分 ハイドロキノンの効果は?副作用はどうなんだろう

厚生労働省に認められていなくても 高い評価を受けている美白成分は数多くあります。 「ハイドロキノ

記事を読む

ハイドロキノン ルミキシル

ハイドロキノンより強力な成分とは?顔のシミを効果的に治したい

ハイドロキノンより強力だと言われている成分があるのを知っていますか? また、ハイドロキノン

記事を読む

美白成分 アルブチンの効果は?シミ予防の救世主になる理由

シミやくすみに悩んでいる人なら知っていると思いますが 美白に効果があると言われているアルブチン。

記事を読む

美白成分

美白成分 ビタミンC誘導体の効果は?エイジング世代のあなたへ

ビタミンCからイメージするものは レモンとかグレープフルーツなどの 果物を挙げる人が多いこ

記事を読む

美容皮膚科の体験レポ~その1~ 美容皮膚科に行ってきたよ!

ウチの近くに皮膚科が開院しました。 開院予定の看板がたってから 

プラセンタでシミ対策はできるのか?!その効果や選び方は?

プラセンタは果たしてシミに効果があるのかな?と思っていませんか。

シートマスクでシミ対策を!美白肌をめざす使い方とは

美肌に気を配っているなら一度は使った事があるシートマスク。

敏感肌 シミ対策
シミ対策に期待される美白成分とは?

美白のためには、成分をしっかりとチェックしたいものです。

III型ビューティードリンク
「III型ビューティードリンク」はエイジングケア成分がたっぷり!口コミやレビュー

お肌のためだけじゃない、優れた美容ドリンクを見つけました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑