シミはコンシーラーで消えないの?お肌をキレイに魅せるために

コンシーラーでシミは消えないと思っていませんか?

素肌美人が理想だけれど、そう簡単にシミは消えないのです。
諦めずに、コツコツと継続したケアが必要です。
だからこそ、「メイクで何とかシミを隠したい!」と思うのは
当然のオンナゴコロですよね。
でもシミは普通のファンデーションだけでは、なかなか隠すことはできません。

シミを消そうと一生懸命にファンデを塗り込んでいくと
だんだんと厚塗りになってしまうのです。経験、ありませんか?

それでもシミって、なかなか隠れてくれませんよね。
隠れないばかりか、凹凸のない、のっぺりとしたメイクに仕上がってしまいます。

そうならないために、コンシーラーで上手にカバーしましょう。
「コンシーラーを使っても、シミは消えないよ~」と悩んでいる人は
使い方を間違っているのかもしれません。



もくじ

そもそも コンシーラーってなに?

部分用ファンデーションとも呼ばれるコンシーラー。
ファンデーションでは隠しきれないシミやくま、またはニキビ跡などを隠し、
お肌をキレイに、そして顔を立体的に見せてくれます。

つまり肌トラブルを隠すだけではなく、
部分的に使用することで頬をすっきりとみせたり
鼻筋良くみせたりできる、とても便利なアイテムなんです。

上手に使うと、メイクの仕上がり具合が格段に違います。

シミが消えないと悩んでいるアナタ。
コンシーラーの種類と使い方を見直してみませんか?

コンシーラーの種類と選び方

シミ対策

コンシーラーは主に4種類に分けられます。
リキッドタイプ、クリームタイプ、スティックタイプ、ペンシルタイプです。

それぞれに特徴があり、用途も違います。
また、ファンデーションとの相性もありますし
カラーも数種類あるものや一種類だけのコンシーラーも。

使い方によってシミが消えたり、
かえって目立ってしまったりすることもあるので、じっくり選びましょう。

「自分の肌トラブルにあった種類と色を選ぶ」ことが大切です。

柔らかいテクスチャーのものはカバー力が低く、
スティックタイプのような硬いものはカバー力が高いです。

リキッドタイプ→ クリームタイプ→ スティックやペンシルタイプ
どのメーカーも大体この順序でカバー力が高くなっています。

ニキビ跡やクマなどのカバーには、柔らかいテクスチャーのほうが向いていますし
濃いシミはスティックタイプがgood!

コンシーラーの色は、自分の肌より少し暗めの色を選ぶと失敗がありません。
少しでも白く見せようと明るめの色を選んでしまうと、
かえって浮いてしまい目立たせることになります。

シミによっては色が違っていたり時期によって多少、お顔の色は違ってきます。
一度に使う量が少量のコンシーラーですから
カラーが異なるものを2色持つのも良いかもしれません。

また、使う範囲やシミの濃さによっても
コンシーラーのタイプを替えたほうが便利でしょう。

シミの状態によってコンシーラーを使い分けたい!

あなたのシミはどんな状態ですか?
シミの程度によって実力を発揮するコンシーラーは違います。

できたばかりの薄いシミのあなたへ

「リキッドタイプ」

リキッドコンシーラー

リキッドファンデーションと同じようなものだと考えて大丈夫です。
カバー力はさほど高い方じゃないので、
小さなシミや薄いシミを消したいあなたに向いています。

筆タイプやチップタイプがあり、お肌への馴染みもイイです。
ファンデーションとの相性を考えて選ぶと、シミはきれいに消えてくれます。

「資生堂 ベネフィーク」リキッドコンシーラーをチェック!
シミや色ムラ、毛穴などを極薄膜で美しくカバーするコンシーラーです。
「隠しました」感がなく、薄い膜がピタッと密着し素肌メークをめざします。
カラーは3色から選ぶことができます。

目の下のクマやくすみが気になるあなたへ

「クリームタイプ」

クリームコンシーラー
クリーム状の柔らかい感じ。
スティックタイプとリキッドタイプの中間だと考えるとイメージしやすいかもしれません。
油分が多く柔らかいテクスチャーなので
目の下のクマやくすみなどを隠してくれます。

「シュウ ウエムラ」 ポイント シーラー をチェック!
使いやすいスポンジチップになった、
ダイヤル式パッケージのクリームコンシーラーです。
海洋深層水配合でなめらかに肌に馴染みますよ。
カラーは4色から選ぶことができます。

濃くなってきたシミを消したいあなたへ

「スティックタイプ」

コンシーラー

口紅のようなスティック状のコンシーラー。
固い質感でカバー力が高いので、
頬骨あたりの目立つシミを
しっかり消してしまいたい場合に使いたいアイテムです。

ピンポイントで使えるのでポーチに入れておきたい!

「ペンシルタイプ」

コンシーラー

細くて硬いペンシルタイプです。
ニキビ跡などの小さな部分を隠したり目の下のくまやくすみをちょっと隠したり。
またはくちびるの輪郭を補正する場合など、使い勝手が良いアイテムです。

ファンデーションの上からでも重ね塗りが簡単ですし
化粧ポーチに入れておくと外出時にも役に立ちます。

「ケサランパサラン」ペンシルタッチアップ をチェック!
細かい部分に最適なペンシル型コンシーラーです。
ニキビ跡やシミ、くすみなど、細かい部分ををしっかりとカバーしてくれます。
ファンデーションの上からも重ね塗りが簡単にできますよ。
カラーは3色から選ぶことができます。

コンシーラーのカラーと使い方は?

コンシーラーでシミが消えないと思っている人は
カラーの選び方や使い方を間違っているのかもしれません。

基本的にはファンデーションの色と同じで良いのですが
シミが濃い場合は、ワントーン暗い色を選ぶとカバー力がアップします。

その反対に、ファンデーションの色よりも明るめのカラーを選ぶと
シミが白抜きして、かえって目立ってしまうのです。
ですから、「コンシーラーを使っているのにシミが消えない!」と
思ってしまうのですね。

先ほどもお伝えしていますが、カラーはワントーン暗い色がgood!
私も失敗したのですが、
暗い色はお肌の色が黒くなる気がして明るいカラーを選びたくなりますよね。

どうしてもカラーを選べないという場合は
アスタリフトのコンシーラーを使ってみるといいかもしれません。

アスタリフトのコンシーラー

【富士フイルム アスタリフト】メラノレタッチ コンシーラーをチェック!

アスタリフトは一色だけですから、選びようがありません。
一色だけでも、キレイな肌質に見せてくれるのが
アスタリフト「メラノレタッチ コンシーラー」の優れたところです。

黄色光の吸収と反射をコントロールして、気になるシミを隠してくれます。
するっとのびてサラッと密着し自然な感じに仕上げます。

お肌にあうコンシーラーを選んでも、使い方が間違っていれば
きれいにシミを消すことができません。

カバー力で選ぶならスティックタイプです。
ですが、乾燥しやすい目元はクリームタイプが適しています。
2種類のコンシーラーを使いたい部分に応じて使い分けると
よりきれいなメイクに仕上がります。

スティックタイプ+クリームタイプ、または
スティックタイプ+リキッドタイプ のように
2種類を使い分けるといいかな、と思います。

塗るときのポイントは、シミよりも少し大きく塗ることです。
シミの濃い部分からトントンと優しくのせていきましょう。
そして、お肌にぼかしていきましょう。仕上げはパウダーを忘れずに。

明るい目元のための評判のアイクリーム
アイキララ

まとめます

* コンシーラーはほぼ4種類に分けられそれぞれ特徴がある

* シミの種類や大きさなどによってコンシーラーを使い分ける

* ファンデーションより少し暗いカラーを選ぶこと

* 正しい使い方を知り、使う場所によっては2種類を使い分けることも必要

シミや目の周りのくすみは、簡単には消えないので、
老け顔にならないためにもメイクで上手に隠したいものですね。

ですが、それでは根本的な解決にはなりません。
透明美肌をめざすためにも、毎日のスキンケアを丁寧におこないましょう。

「継続はチカラなり」ですよ。
私はいろいろと試してみて、「アスタリフトホワイト」を続けています。

※「アスタリフトホワイト」の詳細はこちらの記事をどうぞ
アスタリフトホワイトでシミ対策!使った感想は?口コミやレビュー

シミ対策 アスタリフトホワイト

関連記事

BBクリーム

シミを隠すメイクはBBクリームで!使い方や選び方は?

各メーカーから販売されているBBクリーム。 素早くキレイにメイクができる「時短コスメ」とし

記事を読む

シミを隠す方法

BBクリームとCCクリームではどちらを選ぶ?その違いや選び方とは

BBクリームとCCクリーム、違いがよく分からず どちらを選んだらいいのか迷ったことはありま

記事を読む

ファンデーションでシミ対策

シミ対策にはファンデーション選びも重要です

一度できてしまったシミは、すぐには消えてくれません。 地道な努力、毎日の美白ケアが大切です

記事を読む

シミ消す方法

シミを消すメイク方法ってあるの?5歳若返って、老け顔をつくらない!

シミは残念ながらすぐに消すことはできません。 毎日毎日、丁寧なUVケアやスキンケアを行うこ

記事を読む

美容皮膚科の体験レポ~その1~ 美容皮膚科に行ってきたよ!

ウチの近くに皮膚科が開院しました。 開院予定の看板がたってから 

プラセンタでシミ対策はできるのか?!その効果や選び方は?

プラセンタは果たしてシミに効果があるのかな?と思っていませんか。

シートマスクでシミ対策を!美白肌をめざす使い方とは

美肌に気を配っているなら一度は使った事があるシートマスク。

敏感肌 シミ対策
シミ対策に期待される美白成分とは?

美白のためには、成分をしっかりとチェックしたいものです。

III型ビューティードリンク
「III型ビューティードリンク」はエイジングケア成分がたっぷり!口コミやレビュー

お肌のためだけじゃない、優れた美容ドリンクを見つけました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑