きれいになりたいと誰もが願うこと。シミ対策のための予防、改善、化粧品の選び方などお伝えしています

menu

シミネクスト~シミ対策の化粧品を正しく選びサビない美肌へ~

加齢はシミの原因?肌老化に負けない方法

シミの原因と対策

シミの原因と対策

年齢を重ねるたびに・・・
つまり「加齢によってシミが増えて濃くなってきたような気がするんだけど・・・」と
思っていても、そのまま放置していませんか?

シミができる原因のひとつは
加齢に伴ってお肌のターンオーバーが遅くなり、
さらに光老化などの影響を受けてお肌の再生能力が衰えてくることです。

身体の老化と同じようにお肌も老化しているのですね。
お肌が老化すると、
メラニンの代謝が悪くなりメラニン色素が皮膚にたまりやすくなるのです。

それに加えて、若いころ紫外線をたっぷり浴びて思いっきり日焼けを楽しんだ人は、
お肌の奥底に潜んでいたシミが30代を過ぎるころに
一気にお肌にあふれ出るということもあります。

紫外線によっておこるお肌のダメージが蓄積され
一定のレベルに達すると肌トラブルとして現れてくるのです。

紫外線はすべての肌トラブルの原因であり、紫外線を浴びなければ
シミやしわ、たるみ、さらに乾燥などの
肌老化はほとんど起こらないということですね。

お尻や二の腕の内側など、紫外線を浴びにくい個所は
色が白いという事を考えても
「紫外線は大敵!」ということが分かると思います。

できてしまったシミを放置しておくと
色が濃くなるだけではなく、場合によっては老人性色素斑から
脂漏性角化症になってしまいます。
こうなると、セルフケアができなくなりますから
シミをみつけたら できるだけ早く対策を行うように心がけましょう。

加齢によってできたシミは少しでも老化を遅らせることが必要です。
いつもの生活習慣を見直してみませんか?

10代や20代と同じような生活や食習慣はNGなのです。
しっかりと睡眠をとり
カラダの酸化を防ぐ努力をしましょう。

それがシミやくすみをなくし美肌へと続く近道です。

加齢が原因のシミ対策

若い頃は無理がきいたカラダでも、40代から50代になると
自分が思っている以上に、お肌やカラダはどんどん老化へ向かっています。

ですから、美白化粧品だけに頼らずカラダの内側からも攻めることが必要です。
「酸化を防ぐこと」「サビないカラダつくり」と言う訳ですね。

そのためのシミ対策をお伝えします。
大きく分けて3つです、参考にしてくださいね。

内側のケア!生活習慣を見直しさびないカラダをつくる

まず食事について考えましょう。
食生活のバランスを保つことは重要ですがなんだか、難しく考えがちですよね。
30品目を摂るのはたいへん!!・・・みたいな。。。

もっと気楽に、1日の中でバランスがとれるように考えてみましょう。

積極的に摂りたいものは抗酸化作用がある食材。
抗酸化作用とは、体内の活性酸素を除去する働きのことです。
この活性酸素が増えすぎると
老化を促進させてしまいますからご用心。

ビタミンCやビタミンEなどビタミン類はお肌が喜びますよ。
また酸化防止にはポリフェノールがいいと良く聞きます。
ワインとかチョコレートとかおすすめです。

次に睡眠についてです。
一言で言うと、睡眠不足ではシミのない透明肌はつくることができません。

食事と同じように寝ることは大事です。
というのは、夜にお肌がつくられるから なんですね。
美肌のためのターンオーバーは、夜に行われています。
そんな大事な時間による遅くまで起きて、
パソコンやスマホなどをいじっていてはNG!

脳を休止させて皮膚や内臓に血液を行き渡らせやすい
環境をつくってあげましょう。

最後に運動についてです。
あなたは毎日運動をしていますか?

学生の時は運動をしていた人でも
OLさんや主婦の方は、毎日の運動はちょっと・・・という人が多いことでしょうね。

よく、30分のウォーキングをしましょう と 耳にします。
でも忙しい人は、この30分を確保することも難しいのです。
なので、一日5分のウォーキングから始めてみましょう。

「歩く」ことは全身運動ですから
筋力がアップし、基礎代謝もあがります。

そうすると、頭痛や肩こり、便秘などが解消され
疲労も回復しやすくなります。

ちょっと意識をするだけ運動効果が違ってきます。
毎日の積み重ねが大事ですよ。

外側のケア!日焼け止めを毎日使用する

紫外線は「百害あって一利なし」です。
絶対絶対、サボらずに紫外線対策をしましょう。

ちょっとだからこれくらい大丈夫・・・な~んて、思っていませんか?
うっかり日焼けも お肌の奥底にある紫外線貯金箱に
貯まっていっています。

その貯金箱がいっぱいになったら時
あふれ出すようにシミやしわなどお肌のトラブルがおこるのです。

休日などノーメイクの時でも
日焼け止めは忘れずにつけておきましょう。
光老化を早めることのないように気をつけましょう。

また、生理前や妊娠中、ストレスが溜まっている時は
紫外線のダメージを受けやすいのです。
女性ホルモンの影響で敏感になりがちなので、UVケアをいつも以上に念入りに。

外側のケア!自分のお肌にあう美白化粧品を使用する

老化が気になってきたお肌は十分な保湿と
美白化粧品が欠かせません。
お肌の状態に応じて、夏に使うものと冬に使うものに
分けてもいいかもしれません。

ですが、一年中保湿と美白は必須です。
お肌に合うスキンケア用品を使うことが大切なので、
できるだけトライアルセットで「お試し」をするといいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事