お肌の糖化は老け顔をつくる?内側の老化を防ぐ対策とは

お肌の糖化

化粧品を使った外側のスキンケアばかりに気を使っていて
お肌の内側のケアを怠っていませんか?

シミやくすみなどお肌のトラブルを改善したい時、
洗顔や基礎化粧品などによるスキンケアを行うのは当然のことです。

ですが、そのことばかり行っていても
お肌は改善ずることなく、老け顔をつくってしまうことも少なくりません。

お肌の老化は、外的な要因だけでなく内的な要因からも
どんどん進んでしまうのです。
これを「お肌の糖化」というのですが、
ここではその影響や対策についてお伝えします。

そもそも糖化とは?

「糖化」という言葉を聞かれたことがあると思いますが、
そもそも「糖化」とは何でしょうか。

「糖化」とは、食事などで体内に入った糖のうち、
摂り過ぎたためにエネルギー源として代謝されなかった糖が
タンパク質と結びつき体内に蓄積される現象をいいます。
そしてこの時につくられる物質を「糖化生成物(AGEs)」といいます。

AGEsは褐色なので糖化が進むと、
お肌の色はくすみがある色になり老け顔をつくってしまいます。

調理の時をイメージすれば分かりやすいと思うのですが
たんぱく質を砂糖などを合わせて調理をすると
焦げ目がつきますよね、そんな感じです。

AGEsが増えると、体内のたんぱく質が劣化してしまい本来のたんぱく質の働きを
果たせなくなってしまいます。
ですから、お肌のトラブルやカラダの不調が起こりやすくなり、
老化を進めてしまうことになるのですね。

糖化でおこるお肌の症状

糖化したタンパク質は硬くなり、弾力を失います。
つまりお肌の状態ではコラーゲンが硬くなり、シワができるということです。

シワだけではありません。
たるみやくすみ、しわなどの老化が進むことになります。

内側からコラーゲンなどのたんぱく線維が支えているために
お肌のハリや弾力を保っているのです。
ですから、糖化によりコラーゲンが変性することで
お肌の老化が進んでしまうという訳なのです。

ただ、糖化というのは
単に糖とタンパク質が結びつくと言ったような
単純なものではないらしいのです。

糖化はコラーゲンの架橋形成(コラーゲン同士が橋渡しをするように
形成していくこと)も複雑な反応で、まだ分からない部分も多いらしいのです。

老化につながる糖化を防ぐには?

糖は人間が生きる上で必要なもので、甘いものを食べ過ぎなくても
カラダの中に存在しています。

また糖化は老化のひとつの要因になっていますが
糖を摂らないから糖化を減らすということにはならないようです。

つまり、バランスがとれた食事が大切だということですね。
疲れた時など甘いものが欲しくなります。
カラダが欲しているということなので、こういう時の糖分はぜひ摂りたいものです。

ただ、日頃の生活習慣を振り返ってみて
寝る前に食事をしているとか、朝食をとらないとか
またはインスタントものが多いなら、食生活を替える努力が必要です。
もちろん適度な運動が大切、有酸素運動がいいですね。

また、抗糖化作用のある食品をとることも効果が期待できます。
グァバやカモミールティー、甜茶、ドクダミ茶などが特に有効のようです。

さらにビタミンAやビタミンEも糖化予防によいと言われています。

最近では抗糖化サプリメントも販売されているようですので
糖化が気になる場合はチェックしてみるといいでしょう。

関連記事

記事はありませんでした

シートマスクでシミ対策を!美白肌をめざす使い方とは

美肌に気を配っているなら一度は使った事があるシートマスク。 最近はい

シミ対策に期待される美白成分とは?

美白のためには、成分をしっかりとチェックしたいものです。 美白化

III型ビューティードリンク
「III型ビューティードリンク」はエイジングケア成分がたっぷり!口コミやレビュー

お肌のためだけじゃない、優れた美容ドリンクを見つけました。

トマトのリコピン
シミ対策にはリコピンは外せない!優れた作用って?

Q.最近、トマトに含まれているリコピンがシミ対策によいと耳にし

日焼け止めサプリメント
日焼け止めにサプリメントは効くの?今ウワサの「飲む日焼け止め」

最近紫外線対策として、注目を集めているのが「飲む日焼け止め」で

→もっと見る

PAGE TOP ↑