注目される医薬品でシミ対策を!評判の良い市販薬はこれです

医薬品

お肌のくすみやシミ対策のために、数々の医薬品やサプリメントが販売されています。
通販限定のものやドラッグストアで気軽に購入できるもの、
または成分別のサプリメントなど価格もさまざまです。

いくら美白化粧品でお手入れをしても、
カラダの中のケアを疎かにしていては効果も十分に発揮できません。
バランスのよい食事はもちろんですが、
効能が認められている医薬品を利用することもひとつの方法だと思います。

ここでは、その中でも雑誌やメディアなどで注目されている医薬品について
いくつかご紹介します。

もくじ

そもそも医薬品とは

医薬品は医療用医薬品と一般用医薬品に分けられます。
医療用とは処方薬と呼ばれ、病院で医師の診察によって処方された
処方箋により薬剤師が調剤して渡される薬です。

一般用医薬品とは
薬局やドラッグストアなどで自分で選んで購入できる市販薬のことです。

ここでは一般用医薬品について
少しだけ詳しくお伝えしようと思います。

一般用医薬品は、症状や年齢、または体質などさまざまな人が使用することや
自分の判断で購入することを考え、安全性が重要視されています。

さらに、多くの症状に対応するために、いろいろな成分が含まれていることも
一般医薬品の特徴だといえます。

薬事法の改正により2009年から販売方法が変わりました。
その薬を使用する際のリスクに応じて
第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品と分けられて販売されるようになりました。

ここでご紹介するシミ対策に関する医薬品は、「第三類医薬品」に属しています。
リスクの程度は第1類、第2類よりも一番低く、
(ちなみに第1類医薬品がいちばん購入リスクは高いです。
薬剤師による情報提供が義務づけられています)

商品説明に際して法的制限をうけないので、唯一通信販売が
できる医薬品なのです。

商品説明は購入者が希望した場合必要になります。

第三類医薬品とはいえ、サプリメントと違って薬ですので効能は認められており
用法や用量を守れば効果も期待できるのです。

医薬品の選び方

別のページでもお伝えしていますが
シミの種類を知り、医薬品の成分表や効果、効能をチェックしておきましょう。

言うまでもなく、美白成分がはいっていることは大切ですし、
どんなシミに効果があるのかを確かめておくことも必要です。

また、シミ対策だけではなく
血管の巡りを良くし手足の冷えも改善してくれるような
女性保健薬もありますから
どのような点を改善したいのかをはっきりとさせておくと
医薬品を選びやすいと思います。

シミの改善には最低1ヶ月から3か月、6か月と
続けて飲むことが望ましいと言われています。
ですから、当然コスパもかかってきます。
ご自分の財布と相談しながら選ぶようにしたいものです。

シミ対策に注目の医薬品をご紹介

シミ対策に関する医薬品の中で、
口コミや評判などのよい医薬品をご紹介します。
購入の際に参考にしていただければと思います。

ロスミンローヤル

9種類の生薬(トウキ、ニンジン、シャクヤクなど)を含む、
22種類の有効成分(L-レスチン、アスコルビン酸、ビタミンCなど)が
たっぷりと配合された女性保健薬です。

シミだけではなく、肩こりや冷え性、のぼせ、めまいなどの
女性特有の症状にも対応してくれます。

また乾燥によるシワにも効果が期待できます。

つまり、カラダの中からエイジングケアができる医薬品だということですね。

シミだけではなく、女性特有のカラダの不調を改善したいなら
この「ロスミンローヤル」を選ぶといいでしょう。

キミエホワイトプラス

「キミエホワイト」が有効成分の量や質ともにパワーアップして、
リニューアルされました。
腕や背中などの全身のシミの改善にも期待できます。
アスコルビン酸、L-システイン、パントテン酸カルシウムなど
シミに有効な成分が配合されています。

ただ、肝斑には効果は期待できませんので注意しましょう。

ホワイピュア

女優の多岐川さん親子がイメージキャラクターを務め、
メディアなどで注目されている医薬品です。
L-システインやビタミンC、ビタミンE、ビタミンB2などを
バランス良く配合しています。

不足しがちなビタミン類が豊富に入っているのはうれしいところです。

トランシーノホワイトC

シミやそばかすの予防薬です。
メラニン生成を抑えるL-システイン、
肌に沈着した黒色メラニンを無色化するビタミンCも
たっぷりと配合しています。
さらにビタミンB2、ビタミンEも入っていて、
お肌のターンオーバーを促し、メラニンの排出を助けてくれます。

また、朝夕の2回だけの服用でOKなのも、うれしいところですね。

この「トランシーノホワイトC」は肝斑には効きません。
肝斑を改善したい場合は、「トランシーノⅡ」を選ぶようにしましょう。

まとめます

手軽に購入できる医薬品が販売されていますから
美白化粧品を使いつつ、それらを利用するのも良いと思います。

効果や効能をよく確認し、その医薬品の特徴を知りましょう。
そして、用法や用量をきちんと守ることが
シミを改善するために大切です。

お肌のターンオーバーを考えて1ヶ月から3か月は続けたいものです。

関連記事

シミケアの方法

甘酒の効果を調べてみた!美肌やダイエットにいいってホント?

今さらですけど、甘酒の人気は衰え知らずですね。 スーパーでも甘酒専用のコーナーが設けられて

記事を読む

シミケアの方法

美白のためのインナーケア!サプリメントや医薬品に関すること

シミ対策のためにスキンケアだけではなく、インナーケアもしてますか? 基本はバラン

記事を読む

市販薬でシミ対策

市販薬でシミ対策をしませんか?飲み薬を選ぶポイントとは

最近は女性の美白に対する意識も高くなり、 美白化粧品以外にもさまざまなサプリメントや飲み薬

記事を読む

シミケアの方法

レモンでシミ対策はできる?間違えると逆効果になるビタミンCの摂り方

シミ対策などの美肌によい成分と言うと ビタミンCをあげる人は多いと思います。 美容のため

記事を読む

シートマスクでシミ対策を!美白肌をめざす使い方とは

美肌に気を配っているなら一度は使った事があるシートマスク。 最近はいろいろな成分が配合され

記事を読む

美容ドリンクでシミ対策

シミ対策に美容ドリンクを!今すぐ美肌になりたいあなたへ

シミ対策に限らず美容ドリンクは、ハリや潤いなどを蘇らせるアイテムとして、  幅広い年代の女

記事を読む

シミケアの方法

シミに効く食材って?食生活の改善が美肌へ導く

現代社会は夜型になっていると言われ、 規則正しい生活習慣を送っている人は少ないのではないで

記事を読む

シミ対策の方法

シミ対策に使いたい美白化粧水!失敗しない選び方とは

化粧品を購入して、思ったほど効果を感じなかった・・・なんてこと、ありませんか? 雑誌で

記事を読む

シミケアの方法

サプリメントでシミ対策を!カラダの中から透明美肌をめざす

シミ予防や対策には主な原因とされる、 紫外線を浴びないようにすることが一番だと思われていま

記事を読む

シミ対策日焼け止め

日焼け止めは美肌のためには必須!お肌に優しいものを使いたい

日焼け止めの基本的なこと、知ってますか? シミ予防のために日焼け止めアイテムを使用

記事を読む

美容皮膚科の体験レポ~その1~ 美容皮膚科に行ってきたよ!

ウチの近くに皮膚科が開院しました。 開院予定の看板がたってから 

プラセンタでシミ対策はできるのか?!その効果や選び方は?

プラセンタは果たしてシミに効果があるのかな?と思っていませんか。

シートマスクでシミ対策を!美白肌をめざす使い方とは

美肌に気を配っているなら一度は使った事があるシートマスク。

敏感肌 シミ対策
シミ対策に期待される美白成分とは?

美白のためには、成分をしっかりとチェックしたいものです。

III型ビューティードリンク
「III型ビューティードリンク」はエイジングケア成分がたっぷり!口コミやレビュー

お肌のためだけじゃない、優れた美容ドリンクを見つけました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑