きれいになりたいと誰もが願うこと。シミ対策のための予防、改善、化粧品の選び方などお伝えしています

menu

シミネクスト~シミ対策の化粧品を正しく選びサビない美肌へ~

妊婦のシミ対策はどうしたらいいの?

妊婦のシミ対策

妊婦のシミ対策

Q.妊婦のシミ対策はどのようにしたらいいのでしょうか?

妊娠中は心身ともにデリケートな時期であり、さまざまな変化がおこります。

今まで使っていた化粧品が急にあわなくなったり、
食べ物の好みがかわったりすることもあります。
お肌のトラブルも起こりやすくなります。
シミも急に目立ってくることもあるんです。

妊娠中にシミが増える原因とは

妊娠中は女性ホルモンが増加しホルモンのバランスが変化しています。
特にプロゲステロンの増加によりメラノサイトが活発になるのです。
そのためメラニン色素も過剰につくられるので
シミができやすい状態になっています。

ですから少しの日焼けでもシミができてしまうこともあるのです。
また、お肌も刺激を受けやすい状態ですから
妊娠中はいつも以上に紫外線対策を心がけましょう。

妊婦さんがシミを増やさないために心がけたいこと

お伝えしていますように、妊娠中のお肌は敏感になっています。
シミに限らず、外部からの刺激を受けやすいのですね。

ですから、スキンケア化粧品や日焼け止めなどは
刺激の少ないもの、添加物が入っていないものがいいでしょう。
今注目を集めているオーガニック系もいいですね。

食事面ではバランスの良い食事を心がけ、
ビタミン類を積極的に摂りたいものです。
とはいえ、妊娠初期はつわりなどで体調が優れないことも多いものです。
あまり神経質に考えず、食べたいものを、食べられるものを食べるほうが
いいかもしれません。

そして十分な休息、睡眠をとるように心がけましょう。
ストレスはターンオーバーの乱れに繋がりますし、何よりお腹の赤ちゃんに
影響を与えることになります。

妊婦さんのシミ対策

妊婦さんの場合はお腹の赤ちゃんのことを考え、口に入れるものや
スキンケア用品など、十分に注意しましょう。

話題の美白成分であるハイドロキノンは濃度が重要です。
また、ハイドロキノンは安定性に欠けますから
使用したい場合は医師に相談するなどして慎重に対処しましょう。

アンプルールやビーグレンに使用されているハイドロキノンは
メーカー独自に開発した安定型のハイドロキノンですので
安心して使用できます。

また妊娠中は、美容皮膚科でのレーザー治療はNGですから
刺激の少ない美白化粧品によるセルフケアを行うようにしましょう。

妊婦さんにぴったりな対策アイテム

妊娠中はお肌のバリア機能が弱まり、デリケートな状態ですから
刺激の少ない優しいコスメがおすすめです。

■サエル
サエルといえば、敏感肌のコスメとして知名度が高いコスメです。
お肌の機能をアップしつつシミやくすみに働きかけてくれます。

■HANA
石油由来成分を使っていないオーガニック化粧品です。
和漢成分と天然ローズが白肌へ導きます。
HANAの日焼け止めクリームも一緒に利用するといいでしょう。

■ジョンマスターオーガニック VAGセラム
オーガニックの美容液です。
シミをつくる原因といわれる活性酸素を除去してくれる成分を配合しています。
また、アセロラ由来の高濃度ビタミンCを配合、ハリと潤いを与えてくれますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事