シミケアの方法

シミ対策に使いたい美白化粧水!失敗しない選び方とは

シミ対策の方法
シミ対策の方法

化粧品を購入して、思ったほど効果を感じなかった・・・なんてこと、ありませんか?

雑誌で紹介されていたり、テレビCMで見ることが多かったり、
何度も見ているとその美白化粧水が気になり使ってみたくなりますよね。
広告をみると今すぐにでもシミがなくなってしまいそうですよね。

多くの美白化粧水は、「紫外線によるシミの予防」を目的としています。
このことをしっかりと覚えておかないと
購入したあとに後悔をすることになってしまいます。

シミ対策の効果を最大限に発揮するために、
美白化粧水の選び方を間違えないようにしたいものですね。

もくじ

美白成分を知ることは大事なこと

まずは美白成分についての知識を深めましょう。
少しでも知識を得ていると、成分表に表示されている成分について理解を
しやすくなります。

一般的な美白化粧品に配合されている美白成分は、
メラニンの生成を抑える働きをしています。

どの美白成分を配合するか、分量なども各メーカーによって違いがあります。
また、美白成分によって、どのタイミングでシミの発生過程に働きかけるかも
違っているのです。

メラノサイト活性化因子を抑制する美白成分

表皮細胞が紫外線などの外部からのダメージを受けると、
メラノサイト活性化因子(情報伝達物質)が分泌されます。
この時、メラノサイト(色素形成細胞)に指令をだします。
この指令をブロックする美白成分が
カモミラET、トラネキサム酸、t-AMCHA(t-シクロアミノ酸)です。

チロシナーゼを阻害する美白成分

メラノサイト活性化因子からの指令が届くとメラニンが生成されます。
これは「チロシン」というアミノ酸を生成し、「チロシナーゼ」がこれをとりこむことによって
生成されるのですが、美白成分がこのチロシナーゼを阻害してくれるのです。

ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、
プラセンタエキス、トラネキサム酸、油溶性甘草エキス(グラブリジン)です。

美白化粧水の成分表示に書かれているので、目にされたことがあると思います。

関連記事⇒ シミ対策に期待できる美白成分

美白化粧水の選び方

高価な美白化粧水を使っていても、
自分のお肌やシミのタイプにあう化粧水じゃない場合は効果は期待できません。
まずは自分のお肌の状態を確認し、
発生しているシミのタイプにあう化粧水を選ぶようにしましょう。

シミのタイプによっては、
美白化粧水ではまったく効果を期待できないものもあるのです。
その場合は美容皮膚科に相談しましょう。

お肌にあうことを前提として、美白化粧品の選び方のポイントは3つです。

1. 医薬部外品かどうか
医薬部外品は厚生労働省が指定した美白成分が配合されています。
つまり、医薬品に準ずるということですので、効果を期待できるでしょう。

2. トライアルセットなどがあるかどうか
評判が良い美白化粧品が必ずしもあなたのお肌に合うとは限りません。
効果の感じ方には個人差があるからです。
ですから、可能な限り試したいものです。自分の肌でつけ心地などを実感しましょう。

3. 使い続けることができるかどうか
美白化粧品は一年中使い続けることが大切です。
コスパの面から考えても、高価な美白化粧品をワンシーズンだけ使うよりも
オールシーズン使い続けることができる価格帯のものを選ぶほうが
賢い選択ではないでしょうか。
プラスαのパックなどはちょっと高価なものでもいいかもしれませんね。

人気の美白化粧水を紹介します

通販で人気が高い美白化粧水をご紹介します。
どれもトライアルセットがありお手頃価格でライン使いできますから
お肌にあうかどうか、試してみると良いでしょう。

■アスタリフトホワイト(富士フィルム)
エイジングケア成分である「アスタキサンチン」と
美白有効成分の「アルブチン」が配合された医薬部外品です。
一般的な美白化粧品は乾燥しやすいのですが、このアスタリフトホワイトは
保湿にもアプローチをしてくれるので、しっとりとした美白肌に導いてくれます。

トライアルセットは5日分なので、美白の効果を実感するまでには至りませんが
もっちりした使用感を感じることができます。

■ラグジュアリーホワイト(アンプルール)
多くの芸能人にも愛用されているドクターズコスメです。
シミ対策に強力なハイドロキノンを配合していることでも評判になっています。
とろみのあるローションはしっとり肌をキープしてくれます。
トライアルセットがあるのでライン使いを試してみましょう。

■サエル(ディセンシア)
お肌が荒れやすい人や敏感肌の人に人気の美白化粧水です。
ビタミンC誘導体を配合した医薬部外品です。
このサエルのローションは、お肌の内部をしっかりと保湿し
美白成分の効果が発揮できるお肌に導いてくれます。

また保湿効果が高いセラミドを配合しているので、評価のポイントは高いです。

ドラッグストアでも買える人気のプチプラ美白化粧水

お手頃価格の美白コスメはドラッグストアで購入することができます。
先ほどもお伝えしたように、ワンシーズンだけ高価なものを使うよりも
オールシーズン使い続けるほうが効果を感じることができると思いますよ。
チェックしてみてくださいね。

■ アクアレーベル ホワイトアップローション(資生堂)
美白有効成分「m-トラネキサム酸」を配合している医薬部外品です。
日焼けによるシミやそばかすを防ぎ、
お肌の状態をやわらかくしキメを整えてくれます。

■ 白潤 薬用美白化粧水(ロート製薬)
「アルブチン」を配合した美白化粧水(医薬部外品)です。
トロッとしたテクスチャーも気持ちがイイです。
プチプラなので、一度使ってみるといいかもしれません。
保湿成分も配合しています。

■ コラージュ ホワイトニングソリューション(持田ヘルスケア)
「L-アスコルビン酸 」を配合した医薬部外品のローション。
他にもアミノ酸系保湿成分である「トリメチルグリシン」などを配合しています。

まとめます

* 失敗せず美白化粧水を選ぶには美白成分の知識も必要

* 美白化粧水の選び方のポイントを抑える

* コスパも考えて長期間使うことができる美白化粧品を選ぶ