きれいになりたいと誰もが願うこと。シミ対策のための予防、改善、化粧品の選び方などお伝えしています

menu

シミネクスト~シミ対策の化粧品を正しく選びサビない美肌へ~

シミ対策にはファンデーション選びも重要です

ファンデーションでシミ対策

ファンデーションでシミ対策

一度できてしまったシミは、すぐには消えてくれません。
地道な努力、毎日の美白ケアが大切です。
ですが、少しでもメイクで隠したいですよね。

コンシーラーを使用することはもちろんのこと、
カバー力のあるファンデーションでシミ対策を行いましょう。

たかがファンデーション・・と思いがちですが
このファンデーションの選び方を間違えると、
かえってシミを目だたせてしまったり、
お肌の状態を悪化させてしまうことにもなってしまいます。

ファンデーションの種類やそれぞれの特徴をよく知り、
どういうタイプを選んだらいいのか調べてみました。

ファンデーションの種類と特徴

ファンデーションのタイプによってカバー力やフィット感や
仕上がりも違ってきます。
お肌のためには使い分けることも必要になってきます。

・パウダータイプのファンデーション
パウダーを個形状にしたものと、パウダーのままの状態ものと2種類があります。
お肌への負担が少なく、さらっとしたナチュラルな仕上がりになります。
使いやすいので人気は高いのですが、カバー力は低いので
シミを隠すとなるとコンシーラーを併用しないと厳しいです。

・クリームタイプのファンデーション
テクスチャーが重く、しっとりとフィットして乾燥を防いでくれます。
トントンと抑えるようにして伸ばしてつけるとキレイな仕上がりになります。
カバー力は優れているのですが厚塗りになりがちなので注意が必要です。

・リキッドタイプのファンデーション
液状のファンデーションで、化粧品メーカーによっても
テクスチャーやフィット感などいろいろと特徴があるようです。
また、保湿成分など美容成分を配合しているファンデーションが多いようです。
パウダータイプよりもカバー力に優れています。

・ケーキファンデーション
水で湿らせたスポンジにファンデーションをつけて使用します。
伸びが良く、水や汗にも強いので夏場での使用に向いています。
カバー力にも優れています。

シミ対策のためのファンデーションの選び方

シミを隠すためのファンデーションを選ぶ時、「カバー力があるかどうか」を
考えて選ぶことになると思います。

ですが、ここで考えたいのは
カバー力だけで考えて選んでしまうと、どうしても厚塗りになってしまい、
「ばっちり化粧をしています」みたいな、残念なメイクになってしまいます。
お肌にとっても良くありませんから、
シミは隠して、できるだけナチュラルなメイクを心がけましょう。

薄い広範囲のシミを隠す場合は、リキッドタイプとクリームタイプの2つを
利用するのも良い方法です。
また、部分的なシミの場合は、コンシーラーを併用しましょう。
コンシーラーも種類は豊富ですから、お肌とシミの状態を考えて選ぶと良いですね。

「コンシーラー+ファンデーション」でシミを隠し、
ナチュラルなメイクをめざしましょう。

シミを隠すファンデーションの使い方

2種類のファンデーションを使い、
コンシーラーを使わずにシミを隠す方法もあります。

いつも使っているお肌に馴染むカラーのファンデと
濃いめのカラーのファンデを用意します。

濃いめのファンデでシミを隠し、
いつものファンデをお顔全体につけていく方法です。
シミの上にファンデをつけたら指先でやさしくぼかしていきましょう。

何度もゴシゴシとこすっていたら、お肌を傷めてしまいますから
厚塗りは厳禁、やさしくつけていきましょう。

まとめます

* シミ対策にはファンデーション選びも大切

* ファンデーションのタイプや特徴を知り、お肌に合うものを選びたい

* できればコンシーラーを併用してナチュラルなメイクを心がける

* 2色のファンデーションを使ってシミを隠すこともできる。その時は厚塗りにならないように

※コンシーラーの記事も合わせて読んでおくと役に立ちます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事