きれいになりたいと誰もが願うこと。シミ対策のための予防、改善、化粧品の選び方などお伝えしています

menu

シミネクスト~シミ対策の化粧品を正しく選びサビない美肌へ~

日焼け止めクリームとファンデーション、お肌への負担はどう?

日焼け止め

日焼け止め

紫外線対策というと、日焼け止めクリームを・・・という人がほとんどだと思います。

ふつう、誰もがそう思うと思います。
SPF数値が高くPA値も高い日焼け止めクリームがgood!
でも、その日焼け止めクリームは お肌にとって負担が大きいようです。
「UVケアはSPF50の日焼け止めクリームでしょっ!」と思っている人は要注意!

日焼け止めクリームは、使用量をきちんと守らなければ、
期待通りの効果は薄いようです。
基本的な使用量は「皮膚1cm四方に対して2mgの日焼け止めクリーム」らしいのですが
実際にコレだけの量を塗っている人は少ないようです。

塗る量をきちんと守って、数時間おきに塗りこむことをしなければ、
紫外線をブロックすることは難しいようで、それだけお肌への負担も大きくなります。

日焼け止めクリームの種類と特徴とは

日焼け止めには、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。
どのように違うのか調べてみました。

「紫外線散乱剤」について

「紫外線散乱剤」は、紫外線を反射や乱射させ、
皮膚の中に紫外線が進入するのを防ぎます。

白浮きしやすいですがお肌への刺激が少ないと考えられています。

この「紫外線散乱剤」の成分は主に二酸化チタン、酸化亜鉛が含まれています。

メリットはやはりお肌に優しいということですね。
敏感肌の人でも安心して使用することができます。
日焼け止めクリームの表示は、「紫外線吸収剤フリー」または
「紫外線吸収剤不使用」となっていることが多いようです。

デメリットとしては皮脂や水分を吸収するために、乾燥しやすくなります。
乾燥肌の人にはちょっとツライかもしれませんね。

「紫外線吸収剤」について

「紫外線吸収剤」は紫外線を肌の表面で吸収し、内部に侵入するのを防ぎます。
紫外線対策としてはとても有効なのですが、散乱剤よりも刺激が強いので
肌荒れを起こすことが考えられます。

「紫外線吸収剤」の主な成分は、オキシベンゾン-3や
メトキシケイヒ酸エチルヘキシルなどが含まれています。

——————————————

顔用には「紫外線散乱剤」、カラダ用には「紫外線吸収剤」と
分けて使用するのもひとつの方法ですが
毎日使用する場合はお肌への刺激のことを考えて、
「紫外線散乱剤」の日焼け止めを使用したほうがいいかもしれません。

自分のお肌の状態や体質などを考えて選ぶといいでしょう。

日焼け止めクリームとファンデーション

実は、日焼け止めクリームよりもファンデーションのほうが、
お肌の負担が少ないらしいのですよ。
今は ほとんどのファンデーションにUVカット効果がありますし、
何が何でも日焼け止めクリームを・・・!と思わなくてもいいかもしれません。

ほとんどのファンデーションやフェイスパウダーには 
酸化チタンやタルクが含まれ、日焼け止めの紫外線散乱剤と同じ働きをしています。
ですから、日焼け止めクリームをたっぷりと塗りこまなくても
ファンデーションで十分に日焼け止めの効果が期待できそうです。

ファンデーションにはリキッドタイプ、クリームタイプ、
パウダータイプなどありますが、
パウダーファンデーションが日常のUVケアにはおすすめです。
SPFの表示がなくても、日常生活では十分に紫外線をカットでき、
お肌の負担も少なくてすみます。

リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションでも、
ある程度紫外線をカットすることができます。
でも、パウダーファンデーションよりも顔料の密度が低いため
時間が経つと日焼け止め効果が下がることがあります。

どちらにしても
負担の大きい日焼け止めクリームばかりに頼らなくても
日常生活では、ファンデーションで十分に効果は期待できそうですね。
また、多くの下地クリームにもUVケアができるようになっています。

日焼け止めクリームを上手に選び
ファンデーションとともに、自分のお肌にあう使い方をしたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事