きれいになりたいと誰もが願うこと。シミ対策のための予防、改善、化粧品の選び方などお伝えしています

menu

シミネクスト~シミ対策の化粧品を正しく選びサビない美肌へ~

美白成分 トラネキサム酸の働きや効果は?肝斑に悩むあなたへ

トラネキサム酸は厚生労働省がその効果を認めている美白成分。
ひと言で言うと人工的に作られたアミノ酸化合物で、シミの予防に
有効だといわれています。

名前を聞いたことがある人は多いと思いますが
どのような働きや効果があるのでしょうか。

トラネキサム酸は抗プラスミン作用を持つアミノ酸で
もともと病院で、止血剤や抗炎症剤として使われていたようです。

プラスミンとは凝固した血液を溶かす物質のことで
これが異常に働くと血が止まらなくなります。
これを抑える作用があったということですね。

湿疹やじんましん、そしてのどの赤みや腫れ、
口内炎などにも処方されています。

このように、医療で使われてきたトラネキサム酸ですが
メラニンが作られる動きをブロックする効果があることがわかり
シミのひとつである「肝斑」に実力を発揮することが分かってきました。

肝斑とは、目の下や頬骨のあたりに左右対称にできるシミです。
自分ではなかなか判断がつきにくい場合もありますが
輪郭がぼんやりとしているのが特徴です。

シミの原因は加齢や紫外線などがあげられますが
肝斑はホルモンバランスの影響も関係しています。

この肝斑の改善にトラネキサム酸が役に立つ、ということのようです。

 

トラネキサム酸の効果は?

お伝えしましたようにトラネキサム酸は肝斑の改善に有効です。

肝斑はホルモンバランスも関係しているので
紫外線予防をすればOKというわけではありません。

自分で気をつけていても、肝斑はできるかも・・・ということなんです。

また肝斑は見分けがつきにくい場合がありますから
まず皮膚科に相談したほうがいいようです。

もし肝斑と診断されたら「トラネキサム酸」ですね(^^)

受診した場合は、症状にあった薬が処方されますので、
医師の指示に従って服薬しましょう。

肝斑は専門医に相談することが一番ですが
時間がとれない人は、トラネキサム酸を配合した医薬品を利用するといいでしょう。

一般的な美白化粧品では効かないと言われています。

 

トラネキサム酸は副作用あるの?

「トラネキサム酸」は副作用がなく安全性が高いと言われています。

ですが、もともと止血剤として使用されていたので注意点もあります。
止血剤ですから血が固まりやすいということですね。
血栓ができやすいですから脳梗塞や心筋梗塞など、
気になる人は医師に相談するほうがいいでしょう。

どの薬も同じだと思いますが
長期の使用は避けたほうがいいです。

内服薬は医師の指示に従って、服用するようにしましょう。

美白化粧品にはいっているトラネキサム酸は
副作用の心配はありませんから 安心してくださいね。

多くの美白化粧品に配合されていますから
パッケージをチェックしてみましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事