きれいになりたいと誰もが願うこと。シミ対策のための予防、改善、化粧品の選び方などお伝えしています

menu

シミネクスト~シミ対策の化粧品を正しく選びサビない美肌へ~

睡眠不足はシミを増やすってホント?ゴールデンタイムが美肌を作る

シミ対策睡眠

シミ対策睡眠

Q.睡眠不足が続くとシミが増えるのでしょうか?

睡眠不足はやっぱりシミやしわなど、お肌のトラブルを招く大きな原因に
なっているようです。
睡眠不足の翌日は、なんとなく目が腫れぼったかったり、
お肌のハリがないように感じたり。または、プツプツ吹き出物が出ていたり。
お肌の不調を感じる人も多いと思います。

そうなんです、睡眠不足は美肌作りの邪魔をしているんです!

成長ホルモンが活発になる夜22時から2時。
私は成長期の子供にだけに関係ある、ゴールデンタイムだと
信じて疑わなかったんですが これは大きな間違いだと気がつきました。

お肌にとっても、大事な時間帯だったのですね。

睡眠はお肌にとってとっても重要

睡眠不足で成長ホルモンの分泌が滞ると、代謝が悪くなったり
病気にかかりやすくなったりと体に不調がおこります。
体に不調がおこるとやはりお肌にもダメージがあるようです。
お肌のターンオーバーが乱れ、古い角質が残りやすくなるそうです。
ということは、
シミやくすみ、吹き出物などのお肌のトラブルを引き起こしてしまうんですね。

ですから、一日のうちで最も成長ホルモンが盛んな時間帯である、
夜22時から2時の間にぐっすりと睡眠をとるとお肌にとっても良いというわけです。

睡眠時には、成長ホルモン以外にも甲状腺刺激ホルモンや黄体形成ホルモンなど、
重要なホルモンが分泌されています。

近年は、生活習慣が夜型になっているせいか、
なかなか22時に寝ることは難しいと思いますが
お肌のケアや心身を癒すためにも、できるだけ睡眠時間は確保したいものです。

睡眠は時間だけではなく質が大事

とはいえ、ただ睡眠時間が長ければイイという訳ではないようです。
睡眠時間はたっぷりとったのに、何だか寝たりない、
疲れた・・・という感じが残らないように「睡眠の質」も大事です。

睡眠の質を上げるために気をつけたいことは、
食事は寝る前の3時間前に終わる、お風呂はぬる目に1時間前に、
夜遅くのテレビやPCは避ける・・・などがあげられます。

就寝前はホットミルクやハーブティーを飲むなど、
リラックスできる時間を持つことも大事なようです。
美白に効果があると言われるローズヒップは
抗酸化作用もあるので就寝前にはいいかもしれません。

また、睡眠中は血流量が増加します。
血流にのって栄養が体の隅々に送られるのでお肌にとっても よいチャンスですね!

寝る前に目のまわりなど、気になる部分にたっぷりと美容液をぬって休みましょう。

仕事柄、夜更かしをすることが多い人は、自分なりのルールを決めて
週に1回でも、ゴールデンタイムに就寝してみてはいかがでしょうか。

翌日のお肌のハリが違ってきますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

お役立ちサイト