きれいになりたいと誰もが願うこと。シミ対策のための予防、改善、化粧品の選び方などお伝えしています

menu

シミネクスト~シミ対策の化粧品を正しく選びサビない美肌へ~

日焼け止めは美肌のためには必須!お肌に優しいものを使いたい

シミ対策日焼け止め

シミ対策日焼け止め

日焼け止めの基本的なこと、知ってますか?

シミ予防のために日焼け止めアイテムを使用ぬっている人は多いはず。
というよりも、美肌のためには必須ですよね。
シミの原因と言われる紫外線はまぶしいとか暑いという感覚はなく
いつのまにか紫外線を浴びて日焼けをしてしまいます。

そのためにはやはり日焼け止めクリーム等を使用したいものです。

日焼け止めのその効果はずっと持続する訳ではなく
2~3時間おきに 塗り直さなくてはいけません。

ですから、一日中戸外で活動をしていると
「日焼け止めクリームを塗っていたのに、なんとなく日焼けをしたような気がする」・・・と
感じることもあるのです。

また、日焼け止めアイテムはいろいろと種類も多いですし
それぞれ効果や効能も違うので、購入の際に迷うこともあると思います。

お肌のタイプなどによっても
日焼け止めクリームが 合う、合わないということもありますし。

素肌を紫外線から守るためには
まず、紫外線と日焼け止めクリームについて正しく知りましょう。

そもそも紫外線って?

紫外線は波長の長さの違いによりA波、B波、C波とあり、
地上に届くのがA波、B波と言われています。

なので きちんと日焼けを防ぐには
A波とB波のどちらも防ぐことができる日焼け止めクリームを選びたいものです。

そこで 
チェックをしてほしいのが日焼け止めクリームに書かれている「SPF」と「PA」。

「SPF」は紫外線B波(UVB)を防ぐ力を表わし、
「PA」は紫外線A波(UVA)を防ぐ力をあらわしています。

シミ予防のためには普通、SPF20から30くらいがgood!
日常使いには、一番強い日焼け止めを一度だけ塗るよりも
SPF20から30くらいのものを 何度も塗り直すほうが効果的のようです。

これを基準として
スポーツやレジャー、外出の時間などを考えてクリームを選ぶといいと思います。

また、PAは+の数で、
+はやや効果あり、++は効果あり、+++は非常に効果がある というように
表示されています。
紫外線A波はシミやシワの原因となっているので、
しっかりとPAをチェックしておきましょう。

それから、忘れてはいけないことはお肌への負担です。
数値が高ければ高いほど、日焼け予防の効果があると思ってしまいますよね。
ですが、そのぶんお肌への負担も大きくなります。

このことを頭に入れながら、日焼け止めクリームを選びましょう。
長時間効果を期待する場合は、2~3時間ごとにぬりなおす必要があります。

お肌のためには、クレンジングでよく落ちるものを使用するほうがいいかもしれません。
水に強いタイプの日焼け止めクリームは、
クレンジング時にお肌を傷つけてしまうことも考えられます。

日常生活にはSPF20から30くらいで PA++くらいのものがおすすめですよ。

日常以外で絶対にUVケアをしたいシーン

■海
紫外線は春先から増え始め、5月、6月~7月がピークになります。
夏の海は、砂浜、水面と反射量がとても多いので
しっかりと日焼け止めをしておきましょう。

耳の後ろ、首のうしろなど忘れないでくださいね。

■山
山は涼しいから紫外線は少ないと考えるのはNGです。
山は標高が高く、空気も澄んでいるので
紫外線を浴びる量も多くなるのです。

油断をすることなく、しっかりとケアしておきましょう。

■スキー場
知っている人は多いと思いますが「雪焼け」ですね。
草地や土の紫外線反射率は10%以下ですが、
なんと雪の紫外線反射率は80%だと言われています。

いつも以上に気を配って紫外線対策をしておかないと 大変なことになりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

お役立ちサイト