きれいになりたいと誰もが願うこと。シミ対策のための予防、改善、化粧品の選び方などお伝えしています

menu

シミネクスト~シミ対策の化粧品を正しく選びサビない美肌へ~

美白成分 ビタミンC誘導体の効果は?エイジング世代のあなたへ

美白成分

美白成分

ビタミンCからイメージするものは レモンとかグレープフルーツなどの
果物を挙げる人が多いことでしょう。

またはブロッコリーやピーマンなどの緑黄色野菜。
さらに すっぱいとか お肌にイイ成分・・・というこたえが
返ってくるかもしれませんね。

 

今さら説明するまでもなく、
ビタミンCがお肌にイイ影響を与えてくれるということは常識のようです。

では、ビタミンCとビタミン誘導体の違いはなんでしょう?

多くの美白化粧品に配合されている「ビタミンC誘導体」。
厚生労働省が認めた美白成分。
とはいえ、正確にその違いや働きを知っている人は少ないかもしれませんよね。

ビタミンCはお肌に良いから、それに似た名前だし
同じような役割なんじゃないの~ みたいな・・・(^^)

シミ対策に効果が期待できるビタミンC誘導体なので
詳しくチェックしてみましょう。

 

ビタミンCとビタミンC誘導体の違いは?

先ほどもお伝えしましたように、ビタミンCといえば果物や野菜、
シミやくすみなどに効果があり、美肌をつくってくれるということで
知られています。

ただこのビタミンC、欠点があるのです。
ビタミンCそのものがお肌に吸収しにくいのです。
空気に触れると酸化しやすいし、水にも溶けやすいし。。。

そこで、ビタミンCの弱点を改善してつくられたのが「ビタミンC誘導体」という成分です。
誘導体ですから、さまざまな成分が組み合わされています。

 

安定性が悪いビタミンCに比べ、ビタミンC誘導体は
角質層に浸透しやすく、酵素の働きでビタミンCに変化してくれます。

つまり、ビタミンC誘導体は
ビタミンCの効果を高めやすくしてくれるのですね。

 

ビタミンC誘導体の働きと効果は?

ビタミンC誘導体には3種類あります。

■水溶性ビタミンC誘導体(リン酸型)
リン酸とナトリウムを結合させ、お肌への吸収を高めてくれます。
イオン導入によって、より肌の奥まで浸透させることができます。

■脂溶性ビタミンC誘導体
皮脂や細胞間脂質との相性も良く脂に溶けやすい性質を持っています。
また、高濃度でも刺激が少なく、安定性も高いようです。

■新型ビタミンC誘導体
リン酸型ビタミンC誘導体にパルミチン酸を加えて新油性のある形にしたものです。
脂質と水分の両方になじみやすく、
角質層だけでなく真皮まで浸透しやすい特徴を持っています。

 

また、浸透力は水溶性ビタミンC誘導体の100倍もあるようですよ。
化粧品にはAPPS(アプレシエ)と書かれていることもあります。

 

ご存じの人も多いと思いますが、ビタミンC誘導体には抗酸化作用があります。
細胞を活性化させてターンオーバーを整えてくれるので
シミやくすみなどに効果を発揮します。

さらに、コラーゲンの生成を促す働きがあるので
ビタミンC誘導体が真皮層に届くことでシワやニキビ跡にも
効果が期待できるようです。

アルブチンとビタミンC誘導体は相性がいいんだとか。
いつも使用している化粧品の成分をチェックしてみるといいですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事