きれいになりたいと誰もが願うこと。シミ対策のための予防、改善、化粧品の選び方などお伝えしています

menu

シミネクスト~シミ対策の化粧品を正しく選びサビない美肌へ~

シミを消すメイク方法ってあるの?5歳若返って、老け顔をつくらない!

シミ消す方法

シミ消す方法

シミは残念ながらすぐに消すことはできません。
毎日毎日、丁寧なUVケアやスキンケアを行うことで少しずつ薄くなっていくものです。
ですから気になるシミはコスメで上手に消しましょう。

年齢を重ねていくと、目の周辺や頬骨あたりに
シミがだんだんと増えてくるようです。

気になる部分を上手に隠すメイクをしていきましょう。

目のまわりは一番年齢が出やすいパーツですから、特に念入りなケアが必要です。
だからといってゴシゴシと刺激を与えるのはNG!

基本は「優しく」です。

スキンケアでお肌を整える時に行う目の周りのマッサージ。
美容液をお肌にのせ、目尻→下まぶた→目がしら→上まぶた→目尻と
目の周りを一周します。時々圧をかけたりもしますね。

そうすることで血流がよくなり、むくみやたるみが解消されます。

シミを隠すにはコンシーラーをうまく使いこなしたい!

そして、いよいよメイクに入ります。

シミを消すためのメイクに必要なものはコンシーラーですね。
上手にシミを消すためにその正しい使い方を知りましょう。

コンシーラーはファンデーションの種類によって使い方が違います。
パウダリー系のファンデーションの場合、コンシーラーを先に使います。
リキッド系のファンデーションではファンデーション後にコンシーラーを使用し、
パウダーで仕上げます。

わたしの場合はリキッドタイプのファンデーションをよく使います。
指やスポンジでお顔全体にファンデーションをムラのないように塗ります。
硬めのスポンジが気に入っています。

そしてコンシーラー。気になるシミの部分に丁寧にのせていきます。
トントンと周りをぼかすように馴染ませます。重ねすぎると厚塗り感が出てきますから
注意が必要ですね。

仕上げはパウダーです。つけすぎないように、余分な粉は落としてからつけるのがコツ。
コンシーラーを使用した部分からパウダーをつけると
ムラにならずキレイにつけることができるようです。

また、コンシーラーもいくつか種類があり、カバー力も違います。
自分の好みやシミの濃さなどに応じて選ぶと良いと思います。

メイクの仕方にちょっと気を配るだけでお顔の雰囲気が違ってきますし
シミが消えてキレイにメイクができると、モチベーションも上がりますよ。

だからといって、ファンデーションをつけすぎると
厚塗りになり、かえって老け顔になってしまいます。

そこの兼ね合いが難しいかなとも思いますが
自分のお肌の状態を知り、一番キレイに見えるメイクを試してみましょう。
そして、透明なマイナス5歳肌を目指しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

お役立ちサイト