きれいになりたいと誰もが願うこと。シミ対策のための予防、改善、化粧品の選び方などお伝えしています

menu

シミネクスト~シミ対策の化粧品を正しく選びサビない美肌へ~

美白のためのインナーケア!サプリメントや医薬品に関すること

シミケアの方法

シミ対策のためにスキンケアだけではなく、インナーケアもしてますか?

基本はバランスの良い食事が一番だと思うのですが
シミに関しては、美白サプリやシミ・くすみに関する医薬品に
期待する部分も大きいのではないでしょうか。
美白コスメでスキンケアを行いつつ、身体の内側からのインナーケアにも
気を配りましょう。

最近は、美白効果があるサプリメントはもちろん、
医薬品も多く販売されています。
サプリや医薬品の成分や効果を確かめながら、上手に利用するとイイと思います。

美白に効果が期待される成分というとすぐに思いつくのは、
ビタミンCですよね。
他にもいろいろな成分が、サプリや医薬品には配合されています。
ここ数年、インナーケアに関するサプリは種類も増え、かなり充実してきました。

シミ対策に期待される成分は?

・ ビタミンC…ターンオーバーを促進したりメラニン生成を抑制したりします
・ビタミンE…高い抗酸化作用が期待できます
・β-カロテン…活性酸素を抑える抗酸化作用があります
・ビタミンB2…皮膚の新陳代謝を高めます
・L-システイン…メラニンの生成を抑制し、できてしまったメラニン色素も抑えます。
・リコピン・・・ 活性酸素を消去し、「チロシナーゼ」の活性を弱める効果があります

やはり、シミなどのお肌の老化には、ビタミン群が効果が期待できます。
30代から40代以降のアンチエイジング世代には、積極的に摂りたい成分ですね。

ただ、シミやくすみなどお肌の状態によって、有効な成分が異なりますので
サプリメントの成分を確かめて使い分けるようにしましょう。

ストレスや紫外線などのシミ、くすみには
活性酸素の働きを抑えるサプリメントが効果的です。

ビタミンA、ビタミンE、ビタミンCなどを積極的に摂りましょう。
ポリフェノールの一種であるレスベラトロールや
サケやイクラなどに含まれるアスタキサンチンなども抗酸化作用の高い成分です。

またリコピンも有効で、トマトに多く含まれている成分です。
リコピンを多く含んでいるサプリは人気が高く注目されています。

※ちなみに、リコピンを積極的に摂るためにはプチトマトをたくさん食べましょう。
普通サイズのトマトよりリコピンが豊富だそうですよ。

これらの成分をチェックして、自分のお肌に合うサプリメント、
または医薬品を選ぶようにしましょう。

どれを選んだらいいのか迷った場合は
ビタミンC、L-システイン、エラグ酸、ビタミンEが配合されている商品を選ぶと
間違いありません。

インナーケアとして医薬品にも注目したい

サプリメントだけではなく、美白に効果が期待される医薬品も
数多く販売されています。
ドラッグストアでもよく見かけますよね。

その中で、
注目されている医薬品は「ホワイピュア」です。

主成分はアスコルビン酸(ビタミンC)、L-システインです。
医薬品なので
用法や用量をきちんと守って飲むと、効果は期待できます。
通販で販売できる第3類医薬品です。

ホワイピュアについて詳しくはこのページをみてくださいね!
私も利用していますよ。

——————————————————————-

サプリメントに関しては、効果が確実ではありませんし
即効性があるわけでもありません。
(美白に関する医薬品は、効能・効果が記載されています)

美白サプリに限らず、健康補助食品であるサプリメントは
最低3カ月以上飲み続けないと、効果を実感できることはないでしょう。
また、個人差がありますから即効性を求めすぎないほうがいいです。

ですから美白サプリだけに頼らず
生活習慣を改善しながら、シミに効果が期待できる食事にも気を配りましょう。
インナーケアに気をつけることは、体質改善にも役に立ちますよ。

■ 医薬品についてはこのページもお役にたちます ↓
「注目される医薬品でシミ対策を!評判の良い市販薬はこれです」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事