きれいになりたいと誰もが願うこと。シミ対策のための予防、改善、化粧品の選び方などお伝えしています

menu

シミネクスト~シミ対策の化粧品を正しく選びサビない美肌へ~

美白成分 アルブチンの効果は?シミ予防の救世主になる理由

シミやくすみに悩んでいる人なら知っていると思いますが
美白に効果があると言われているアルブチン。
最近よく見かけるようになりましたね。

パッケージに大きく「アルブチン配合!」と書かれた化粧品。
ドラッグストアでも、お手頃価格のものもありますし、
つい手に取ったことがあるかもしれません。

 

では、アルブチンは美白に効果があるのでしょうか。
そもそもアルブチンって何でしょう?詳しく調べていきましょう。

 

アルブチンの働きとは

厚生労働省が薬用美白成分として認めた有効成分。
美白効果成分ハイドロキノンの配糖体で美白効果が高いとされています。

アルブチンにはコケモモやナシなどの葉に含まれている
天然のハイドロキノン配糖体「β-アルブチン」と、
ハイドロキノンにブドウ糖をα結合で転移させた「α-アルブチン」という2つの成分があります。

 

最近の美白化粧品には
効果と安全性が高いといわれる「α-アルブチン」を配合しているものが多いようです。

アルブチンの働きは一言でいうと「シミの予防」です。

メラニンは紫外線などの侵入を防ぐ役割を担っていますが、
過剰に増えすぎるとシミになってしまいます。
シミになる過程でチロシナーゼ酵素が大きく関わっているのですが
アルブチンはこのチロシナーゼを抑制してくれる働きがあります。

つまりアルブチンは、これからつくられるメラニン色素を
減らすように働いてくれるのです。

ちなみにメラニンが黒くなるのは
チロシナーゼがメラニンを酸化させることでおこります。
ですから、うっかり紫外線を浴びてしまった場合でも
メラニンが黒くなる前であれば、美白効果が期待できるという訳です。

 

※β-アルブチンとα-アルブチンの違いについて
β-アルブチンは天然のハイドロキノン配糖体。
α-アルブチンは江崎グリコが独自開発をし
ハイドロキノンにブドウ糖をα結合で転移させました。

素人の私たちにはちょっと難しく感じますが、
天然植物の抽出物であるβ-アルブチンよりも
α-アルブチンのほうが、なんと10倍以上も美白効果があるんだそうです。

とはいえ、αアルブチンに即効性はありません。
使い続けることでゆっくり効果が実感できるのですね。

 

アルブチンの効果は?

先ほどもお伝えしましたがシミの元となるメラニンを合成する、
つまり黒くするのはチロシナーゼ酵素です。

アルブチンは、このチロシナーゼ酵素を抑制し
色素沈着の予防に大きな効果があると言われています。
厚生労働省が認可した成分ですので、効果は期待できそうですね。

 

ここで抑えておきたいのは
アルブチンは「予防に効果がある」ということです。
シミになる前・・・ということですね。

すでにできてしまったシミはダメなのか・・・というと
ビタミンCも一緒に摂ると効果が期待できます。

というのは、ビタミンCはコラーゲンの生成を促してくれ
肌のターンオーバーも整えてくれるから。
アルブチンとビタミンCの相乗効果ということですね。

 

お手持ちの美白化粧品の成分表を確認してみましょう。
多くの場合、ビタミンC誘導体などと一緒に配合されていますよ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事