きれいになりたいと誰もが願うこと。シミ対策のための予防、改善、化粧品の選び方などお伝えしています

menu

シミネクスト~シミ対策の化粧品を正しく選びサビない美肌へ~

乳輪のシミや黒ずみに悩んでいるあなたへ!理想のピンク色になるために

乳輪の黒ずみ

乳輪の黒ずみ
もしかしたら、自分の乳輪は黒ずんでいるのかも~と悩んでいませんか?

実は、乳首や乳輪の黒ずみやくすみに悩んでいる女性は以外に多いようです。
でも場所が場所だけに、
なかなかオープンに話せないというのが辛いところです。

独身の時はピンク色だったのに、
結婚してからだんだんと黒ずんできたという人も。

ネットでこっそりと調べたり、雑誌で特集記事を読んだりと
こっそりひとりで解決する人が多いかもしれません。

乳首や乳輪の黒ずみのおもな原因とは

体質的にメラニンが多くつくられる人もいるようですが
一般的には、紫外線や外的刺激から真皮をまもるために
体内でつくられるメラニンが色素沈着をおこすことが原因だといわれています。

乳首や乳輪、そして陰部などデリケートな部分ほど、
少しの刺激で色素沈着をおこしやすいのです。

つまり、乳輪や陰部などはメラノサイトの働きが活発なので
メラニン色素の影響を受け黒く、くすみやすいのですね。

メラニン色素が生成される主な要因としては
加齢、妊娠や出産に関わるホルモンバランスの変化、そして遺伝などが挙げられます。

■加齢
加齢によってお肌のターンオーバーが乱れると
お肌はくすみがちになりますが、それは乳輪も同じです。
お肌のターンオーバーは約28日。それが加齢やストレスなどでペースダウンすると
メラニン色素がお肌に溜まって黒ずんで見えるのですね。

■刺激によるくすみ
ブラジャーなどがすれることによってくすむことがあります。
かゆみを伴い、乳輪を掻くとそれが刺激になってしまいます。
特に皮膚が弱い人、アトピー体質の人は気をつけましょう。
また、出産後、授乳による刺激でもくすんでしまうことが多いようです。

■ホルモンバランスの乱れ
妊娠するとホルモンの影響を受け
乳房がはってきたり、乳首が敏感になってきます。
と同時に、乳輪や乳首が黒ずんできます。
女性ホルモンとシミは深い関係があるのですが、
黄体期に分泌が高まるプロゲステロンは、メラニン色素の生成を
活性化させるため、乳輪も影響を受けやすいようですよ。

また、生理前もシミができやすい時期ですが
妊娠中やピルの服用によってもプロゲステロンの分泌が高まるので
乳輪が濃くなることもあります。

若いころはキレイなピンク色だった乳輪が
結婚、出産などを経て、少しずつ変化していくことは
ある意味当たり前で、仕方がないことかもしれません。

それが遺伝だとしたら、受け入れ難いことでも受け入れなくちゃ・・・と
思ってしまうかもしれませんね。
遺伝だったり体質だったり、自分ではどうしようもない部分があるのも事実です。
そもそも日本人はメラニンが少ない人種ではないので、
乳輪は濃い色をしているものなのです。

でも、10代はピンク色だったのなら
毎日のセルフケアで少しでも乳輪の黒ずみを改善したいものですね。

案外、男性の目よりも同性の目のほうが厳しいのかもしれません(^^)

乳輪の黒ずみ、シミ対策とは

では、どうしてもピンク色をめざしたい人のために、対策を考えてみましょう。

*刺激が少ないインナーをつける。
特に敏感肌でかゆみを起こしやすい人は、配慮したほうがいいかもしれません。
デザインよりも機能性重視・・・というところですね。

*バストマッサージも 効果が期待できる。
バストマッサージはリンパの流れをよくし、バストアップを目的としているのですが
黒ずみの改善にも効果が期待できそうですよ。
リンパの流れが良くなると新陳代謝も良くなります。
そうすると、メラニンの排出も促進されます。

*乳輪などの色素沈着に有効だと思われる美白クリームなどでセルフケア。
乳輪などのデリケートゾーンは、顔に使う美白クリームではトラブルを起こすことが
ありますから気をつけましょう。
最近は乳輪専用の美白クリームが販売されています。
できれば専用のクリームのほうがgoodですから、試してみるといいでしょう。

———————————————

セルフケアは手軽にできるけれど、正しい方法を知らずに続けていると
かえって逆効果になってしまうこともあります。
まずは日々の身体の洗い方もチェックしてみましょう。
まさか、ナイロンタオル等でゴシゴシ洗い・・・なんてことは していませんよね。

お肌は刺激をキライます。
どのパーツでも優しくが基本ですから丁寧に優しく洗いましょう。

また、乳房は洗っても乳輪周りを忘れていませんか?
たっぷりと石けんを泡立て、丁寧に洗いましょうね。そして、美白クリームを!

さらに乳輪周りのようなデリケートな部分は
美白クリームだけに頼らずインナービューティにも気を配りましょう。

お肌のケアだけでは、なかなか結果が出にくいものです。
食生活に気をつけストレスをためず、生活リズムも整えましょう。

ですからインナービューティ、大事ですよ(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事