きれいになりたいと誰もが願うこと。シミ対策のための予防、改善、化粧品の選び方などお伝えしています

menu

シミネクスト~シミ対策の化粧品を正しく選びサビない美肌へ~

背中のシミ対策してますか?この方法で背中美人に

背中のシミ対策

背中のシミ対策

あなたの背中、自信がありますか?

背中がきれいな女性は魅力的ですよね。
最近はCMに出てくる桃井かおりさんの背中がとってもセクシーだな~と思います。
女優さんですから 毎日ケアをしているんだろうな。
シミなんてなさそうです。

背中は自分では確認できないパーツ。
気がつかないうちに、背中にシミができるのはよくあることなんです。

あなたは大丈夫ですか?
自分では見えないだけに、たくさんのシミに気が付いていないのは
自分だけかもしれませんよ。

もくじ

1.背中にシミができる原因とは

2.普段隠れている部分だからこそきちんとケアを!

3.エステサロンを上手に利用しましょう

4.背中のケアに便利なグッズをご紹介

5.お肌の老化も背中のシミになる?

6.まとめます

背中にシミができる原因とは

背中にシミができる原因は大きく2つ考えられます。

「日焼けによるもの」と「背中ニキビなどのお肌のトラブル」によるものです。
日焼けの原因はもちろん紫外線ですが
よく海水浴やプールなどのレジャーを楽しむ人は要注意です。

小麦色の肌は健康的なのですが
紫外線を浴び続けることになるので、お肌はダメージを受け続けます。
メラノサイトが活性化し、過剰にメラニンが蓄積されてしまうのですね。

特に若いころ、アクティブに海水浴やプールなどを楽しんだ人は要注意!
数年後にいつの間にか背中にシミがあらわれて、
汚い背中になってしまうかもしれません。

また、背中にできたニキビなどのお肌のトラブルも色素沈着となり、
シミになっていきます。
誰でも「私だけは大丈夫!」と思っているので自分では気がつきにくいのですね。

普段隠れている部分だからこそきちんとケアを!

背中は皮脂が多く、ニキビができやすい部位です。
でも多くの人は、ニキビができていることにも気がついていないかもしれません。
ニキビ跡からシミにならないためにもニキビのケアは重要です。

ニキビができたら、刺激が少ない綿タオルを使用し、
インナーにもお肌に優しい綿素材を着用しましょう。
そしていつも背中を清潔にし、保湿にも気を配ることが大切です。

背中の皮膚は厚いので、ピーリングも効果があります。
保湿には、ビタミンC誘導体を配合している化粧水をたっぷりとつけましょう。
紫外線とニキビ、背中美人のためには十分に気をつけたいものですね。

背中のシミ対策はエステサロンを上手に利用しましょう

背中のシミ対策

「ケアをしなくちゃ ということは分かっているんだけど」

問題なのは、「背中は見えない」ということなんですよね。
背中はキレイなのか、それともシミができているのか。
できているとしたらどのくらいのシミの濃さなのか、大きさや数はどうなのか。

姿見で背中を映してみても きちんと見えない。。。。
ましてや 化粧水をつけようと思っても手が届かないし・・・。
パートナーに頼ると言っても、独身やひとり暮らしではね (´;ω;`)

でも 諦めたらそこで終わりです!

自宅で解決できないのなら、思い切ってエステを利用してみてはいかがでしょう?
気分転換にもなりますし癒されますよ~
背中専用コースがあるサロンを選びましょう。

毎週行くのは、時間的にも費用の面でも大変だけれど
たまには 自分へのご褒美をあげてもいいかも~♪

背中のケアに便利なグッズをご紹介

忙しくてエステに行く時間がない人は、
セルフケアをしなくちゃいけないのですが
背中のシミ対策をしたくても、背中は手が届きにくいですよね。

パートナーに手伝ってもらうというのも
素敵だと思いますが、
独り身ではそうもいきません。
せいぜい、デコルテに化粧水をつけるくらいでしょうか。

こういう時には便利グッズがお役にたちます。
お風呂上がりに、ひとりでものんびりとスキンケアできますよ。

「バッククリーマー」
背中のシミ対策

先端部にコットンを挟んで使用します。
これなら、ひとりでも見えない背中もケアできますよね。
ほんとに便利なので
美肌をめざすには、こういうグッズを上手に利用しましょう。
楽天やアマゾンで購入できます。
背中のケアに!【レデッカー バッククリーマー】

お肌の老化も背中のシミになる?

背中のシミ対策
背中のシミについてお伝えしてきましたが
実はこの2つの原因以外にもシミができる場合が考えられます。

それは お肌の老化です。
背中は自分では見えにくいパーツであるだけに、ケアも怠りがちです。
自分では手も届きにくいですし、化粧水をつけるのも一苦労です。

ですが、ここで手を抜くと、老人性色素班から脂漏性角化症、
またはほくろなどになり、後悔をすることになります。
脂漏性角化症になってしまうと、自分でのケアはできないので
美容皮膚科でのレーザー治療になってしまいます。

背中美人をめざすには、早めのケアが大切だということですね。

まとめます

*背中は見えにくいパーツだけにケアを怠りがち。日々チェックを!
シミ対策手が届かないパーツはプロにおまかせ!
たまにはエステでお嬢様気分を味わいましょう。

*皮脂も多くニキビもできやすいので、常に清潔に!

*入浴後のひと時、美白コスメでボディケアを!
シミ対策お顔のケアと同じように背中にもシミ対策を。
保湿も忘れずに行いましょう。便利グッズが役に立ちますよ。

*スポーツやレジャーなど、こまめに日焼け止めを塗りなおすこと。
シミ対策日焼け止めは一度塗って安心せず、こまめに塗りなおすことが必要です。
顔と体の両方使え、美白効果もあるこの日焼け止めが役に立ちます。

*頑固な濃いシミができてしまった場合、美容皮膚科に相談。
シミ対策見えにくいパーツだけに、自分が思っている以上にシミの状態がひどい場合があります。
ためらわず、専門医に相談することが良い場合もあります。

背中など普段見えないパーツにも気を配り、ケアをしているのが大人女子の魅力♪
お風呂上がりのボディチェックを習慣にしましょう。
そして、お顔のケアと一緒に首や腕、肩、背中もケアしましょう。

毎日の継続が美肌をつくります。
これで、背中の開いたサンドレスや水着だってOKですよ。
シミ対策 アスタリフトホワイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事