乾燥肌のシミ対策|特に30代から要注意!ケアのポイントは

乾燥肌 シミ対策

乾燥肌は皮脂分泌量の低下や角質細胞間脂質などの減少により、
角質の水分が減少している状態です。

皮膚の水分は、発汗や呼気などで失われる水分と、大気中の水分などで潤い、
皮脂や天然保湿因子などによってバランスを保っています。
プルプルと潤っているお肌は、まさにこの状態だと言えます。
赤ちゃんのお肌はうらやましいほどプルプルしていますよね。

誰もが健康でバランスの良いお肌の状態から、
生活環境やお肌のお手入れ方法、または体質などでお肌は乾燥していきます。
さらに、年齢がすすむにつれて、ますますお肌の水分量は減っていくのですね。
10代や20代の頃はとっても健康なお肌だったのに・・・と
思っている人も多いと思います。

乾燥肌の皮膚は、表面の潤いが乏しく、柔軟性が欠けます。
洗顔後、すぐに化粧水をつけないとお肌がつっぱる人は この状態かもしれません。

皮膚は皮脂がつくる皮脂膜、天然保湿因子、セラミドなどからなる
角質細胞間脂質の3つの物質がバリアとなって、
紫外線やアレルゲンなどからお肌を守り、
お肌の中の水分が蒸発しない仕組みをつくっています。

乾燥肌はこの大事なバリアが壊れてしまっています。
では、どうしてバリア機能は壊れてしまうのでしょう?

バリア機能が壊れてしまう理由

まず皮脂量の低下です。
皮脂は皮脂腺から1日に約1~2g分泌されるそうで、
分泌量のピークは男性で30代、女性は20代、
その後はだんだんと減少していくようです。

皮脂の分泌は男性ホルモンによって促されるので、
男性よりも女性のほうが少ないということがいえます。
環境や体質でも変わってきますが、代謝が低下すると
皮脂の分泌も少なくなっていきます。

つぎに天然保湿因子量の低下です。
天然保湿因子とは、平たく言うとアミノ酸やコラーゲンなどの保湿成分のことです。

この天然保湿因子(NMF)は角質細胞内にあり、
アミノ酸類や乳酸、尿素、そしてクエン酸塩などから成り立っています。
NMFは水分を抱え込む性質を持っているので、いつも水分を一定量に保たれるのです。
ですが、このNMFは加齢やストレス、または日焼けなどで低下してしまいます。

日頃の生活習慣を振り返ってみると、
乾燥肌に悩んでいる人は思い当たることがあるかもしれませんね。

そして、最後は角質細胞間脂質の減少です。

角質細胞と角質細胞は脂質で結ばれています。レンガとセメントのような関係です。
ですから、細胞間脂質が減少すると雨漏りと同じような現象が起こるというわけです。
つまり、バリア機能が衰え、外部刺激が侵入しやすくなるのです。

このように、バリア機能が壊れることで
お肌はいろいろなトラブルを起こしやすくなります。
乾燥肌もそうですが、お肌はトラブルから守ろうとして
角質層がかたくなっていくようです。

お肌のごわつきを感じたことはありませんか?
これは急いで角質層がつくられたために起こる、
未熟な角質細胞ができた状態だそうですよ。

乾燥肌が美白の前にすべきこと

バリア機能が低下している乾燥肌は、
シミができやすいと言われています。
シミだけではなく、紫外線のダメージを受けやすいので
肌荒れやお肌の老化を加速させていくのです。

特に30代を過ぎると、女性ホルモンの関係やストレス、生活環境の変化などで
お肌の状態がどんどん変化していきます。
美白ケアも大切ですが、乾燥肌の人がまずすべきことは「保湿対策」です。

「いろいろと保湿ケアをしているけど乾燥肌が改善しない」と
思っている人は多いかもしれません。
実は、保湿は水分だけを与えることではありません。
乾燥するからと化粧水をバシャバッシャかけても
あまり効果が期待できないということですね。

お肌の水分を蒸発しないようにつなぎとめているものが
セラミドなどの保湿物質です。
正しい保湿とは、
これらの働きを補うセラミドなどのような保湿成分を与えることです。

化粧水をバシャバシャつけると、
乾燥肌を改善できると思っている人も多いかもしれません。
でも、化粧水の成分は大半が水ですので、
蒸発してしまい、効果はさほど期待できません。
何度も化粧水をつけていると、かえって乾燥を招いてしまうこともあります。

また、よく耳にする話ですが
「乳液やクリームでふたをする」といいますよね。
これもあまり効果は期待できないようです。
油分による保湿保持力はさほど高くないので、
結局お肌の水分は蒸発してしまうのです。

保湿ケアをしているけど効果を感じないという人は
セラミド配合の化粧品を使ってみるといいかもしれません。

セラミドは保湿成分の中でも、水分をがっちり挟み込む性質を持っており
とても保湿保持力が高いので、角質層のバリア機能も改善されるでしょう。

乾燥肌が使いたい美白化粧品

 

まとめます

* 保湿対策をしっかりとすること
セラミド成分が有効で、バリア機能の改善にも効果が期待できる

* 美白化粧品は保湿成分も入っているものを
シミ対策もしながら潤い肌をめざしたい。いつでも保湿ケアを。

関連記事

オイリー肌 シミ対策

オイリー肌のシミ対策|皮脂と水分のバランスに気をつけたい!

自分のお肌のタイプをはっきり自覚している人は そう多くはないと思うのですが その中で「オ

記事を読む

混合肌のシミ対策

混合肌のシミ対策|お肌の特性を知って正しいスキンケアを!

日本人のお肌って、混合肌が多いんだそうです。 混合肌のシミ対策(スキンケア)について 考え

記事を読む

敏感肌 シミ対策

敏感肌のシミ対策|美白化粧品は効かないと感じるあなたへ!

シミ対策を効果的に上げるには、お肌にあった化粧品を使うことが大切なのですが 敏感肌の人は特

記事を読む

シートマスクでシミ対策を!美白肌をめざす使い方とは

美肌に気を配っているなら一度は使った事があるシートマスク。 最近はい

シミ対策に期待される美白成分とは?

美白のためには、成分をしっかりとチェックしたいものです。 美白化

III型ビューティードリンク
「III型ビューティードリンク」はエイジングケア成分がたっぷり!口コミやレビュー

お肌のためだけじゃない、優れた美容ドリンクを見つけました。

トマトのリコピン
シミ対策にはリコピンは外せない!優れた作用って?

Q.最近、トマトに含まれているリコピンがシミ対策によいと耳にし

日焼け止めサプリメント
日焼け止めにサプリメントは効くの?今ウワサの「飲む日焼け止め」

最近紫外線対策として、注目を集めているのが「飲む日焼け止め」で

→もっと見る

PAGE TOP ↑