敏感肌のシミ対策|美白化粧品は効かないと感じるあなたへ!

敏感肌 シミ対策

シミ対策を効果的に上げるには、お肌にあった化粧品を使うことが大切なのですが
敏感肌の人は特に注意をしたいものです。

お肌のタイプは通常ノーマル肌、乾燥肌、混合肌、オイリー肌の4つに
分けられるのが一般的です。
では、よく話題になる「敏感肌」とは どのような肌をさすのでしょうか。

本来、敏感肌とは生まれつきのもので
アトピー体質の人やセラミドが少ない肌の人をさします
ですが、強すぎるクレンジングや睡眠不足などによる
ターンオーバーの低下でお肌が敏感になる人も多いようです。

子どもの頃は健康なお肌だったのに、最近は化粧品に刺激を感じるという人は
生活習慣などで敏感肌になっていないか、見直してみるといいですね。

目の周りがカサカサしたり かゆくなったりしていませんか?
「敏感肌」のような症状ですが
もしかしたらアトピー性皮膚炎の可能性もありますよ。

一般的にアトピー性皮膚炎は子どもだけだと思われているようですが
大人になってから症状が出る人もいるようです。

大人の場合は顔に症状がでるそうですから
もしかしたら・・・と思う人は
一度皮膚科を受診したほうがいいかもしれません。

ここではアトピー性皮膚炎ではなく、
生活習慣などでお肌のバリア機能が低下した「敏感肌」についてお伝えしていきますね。

この特徴としては、少しの刺激でもお肌が炎症し
ヒリヒリ感があったりかゆみがあったり、不快な症状がでてきます。
皮膚の表面が荒れてきたりする人もいます。

そして炎症により、メラニン色素が過剰に生成されてしまうので
シミやくすみが起こりやすいのです。
バリア機能が弱っているので紫外線のダメージを受けやすいということは
お分かりいただけると思います。

ですから、美白化粧品でシミ対策をしても
どんどんメラニンが生成されるため
敏感肌は美白成分が効きにくい・・・と思われているのです。

じゃ、敏感肌の人に美白ケアはできないのか・・・!ということになってきますが
そうではなく、まずはお肌のバリア機能を回復させることが大切なのです。
シミやくすみの悩みも大切ですが、
まずお肌のトラブルをなくすことから始めましょう。

美白成分が効きやすい、元気なお肌にすることが重要ですよ。

敏感肌のための美白化粧品の選び方

お肌のバリア機能をサポートする成分は「セラミド」があげられます。
このセラミドの生成を促進させる「ユーカリエキス」なども有効だと言われています。

というのは、セラミドが角質細胞間脂質の主成分だから。
角質層の潤い保持率をなんと80%も占めているのです。
角質層がお肌を守るバリア機能も担っているので、
セラミドが重要な役割をしているのですね。

そして忘れてはいけない美白成分!

ですが、なにより大切なことは 「低刺激」のものを使うということです。
敏感肌は無防備な状態ですから トラブルを起こしやすいのです。

お肌に負担をかけないような化粧品を選びましょう。
また、敏感肌の程度も人それぞれですので
トライアルセットがあれば それを試してみるといいですね。
できれば、敏感肌専用の化粧品を使用するほうが安心です。
そして、日頃から紫外線を浴びないように注意しましょう。

紫外線は一年中降り注いでいますし、
3月、4月頃からだんだんと強くなってきます。
一年を通して低刺激の日焼け止めクリームは必須。
帽子や日傘なども上手に利用して、お肌を守りましょう。

忘れてはいけない美肌のためのインナーケア

美白化粧品ばかりに目が行きがちだけど
忘れてはいけないのがインナーケアです。

敏感肌に限らず、カラダの中からケアすることが大切です。
頭で分かっていても実行している人は少ないかもしれません。
良い機会ですからここで確認してみましょう。

まず、生活リズムを整えることです。
夜更かしをしていませんか?
遅くまで起きていると早起きができませんよね
夜更かしが習慣になってしまうとお肌のためにはNGです。
お肌は夜につくられると言っても過言ではありません。

22時から夜中の2時までがゴールデンタイムだということを
耳にした人も多いと思いますが
この時間には できるだけ夢の中♪・・・に いたいものです(^^)

そして、食事のバランスも大事。
インスタント食品や外食などで済ませんていませんか?

結婚をしている人は大丈夫だと思いますが
ひとりで頑張っている30代女子や40代女子の人は、ついつい疎かになりがち。

また、疲れているとついつい甘いものばかりに手が伸びてしまいますが
お肌にとっては良いことではありません。
お肌は正直ですから、すぐに肌荒れや吹き出物ができてしまいます。
油断をしているとターンオーバーも乱れてくすみ肌をつくってしまいます。

忙しくても 野菜を中心に、バランスのとれた食事を心がけましょう。

もうひとつ、気をつけたいこと。
「便秘」です。便秘はお肌のトラブルを引き起こしてしまいます。

口の周りにブツブツができてくると
あ~便秘が原因かも~・・・と考えたほうが良さそうですね。
便秘以外にも ビタミン群が不足すると吹き出物ができることが良くあります。

最後にストレスを解消することです。

ストレスはいろいろなカラダの不調などを引き起こしてしまいますが
敏感肌の原因にもなっているようですよ。
ストレスを溜めてしまうと、活性酸素が発生してしまいますので
お肌にとってよくありません。

趣味やスポーツなどで上手にストレス解消を図りましょう。

まとめます

* 敏感肌の人は、まずお肌のバリア機能を回復させること。
荒れた状態から健康なお肌にしてから美白ケアを行うほうが
有効成分がお肌にしっかり効くので。
そのためには保湿が大事。

* 美白化粧品は低刺激の敏感肌専用がgood!
一年を通して紫外線対策も忘れずに。

* 美白化粧品だけに頼らずインナーケアにも気を配りたい。
肌のタイプに限らず、お肌に良いものを積極的に取り入れ健康肌に。
そして、生活リズムも見直しましょう。

 

関連記事

混合肌のシミ対策

混合肌のシミ対策|お肌の特性を知って正しいスキンケアを!

日本人のお肌って、混合肌が多いんだそうです。 混合肌のシミ対策(スキンケア)について 考え

記事を読む

乾燥肌 シミ対策

乾燥肌のシミ対策|特に30代から要注意!ケアのポイントは

乾燥肌は皮脂分泌量の低下や角質細胞間脂質などの減少により、 角質の水分が減少している状態で

記事を読む

オイリー肌 シミ対策

オイリー肌のシミ対策|皮脂と水分のバランスに気をつけたい!

自分のお肌のタイプをはっきり自覚している人は そう多くはないと思うのですが その中で「オ

記事を読む

シートマスクでシミ対策を!美白肌をめざす使い方とは

美肌に気を配っているなら一度は使った事があるシートマスク。 最近はい

シミ対策に期待される美白成分とは?

美白のためには、成分をしっかりとチェックしたいものです。 美白化

III型ビューティードリンク
「III型ビューティードリンク」はエイジングケア成分がたっぷり!口コミやレビュー

お肌のためだけじゃない、優れた美容ドリンクを見つけました。

トマトのリコピン
シミ対策にはリコピンは外せない!優れた作用って?

Q.最近、トマトに含まれているリコピンがシミ対策によいと耳にし

日焼け止めサプリメント
日焼け止めにサプリメントは効くの?今ウワサの「飲む日焼け止め」

最近紫外線対策として、注目を集めているのが「飲む日焼け止め」で

→もっと見る

PAGE TOP ↑