シミのための洗顔方法はココが大事!ポイントと洗顔料の選び方

洗顔方法

あなたのその洗顔方法、お肌のためにイイと自信がありますか?

シミのない美肌をつくる基本は何と言っても「洗顔」ですよね。
正しい洗顔をしているのか、カン違いをしたまま 間違った方法を続けているのか、
積み重ねていくうちにお肌の状態に差が出てくるのです。

美肌を保つためにも、正しい洗顔方法で自分のお肌にあった洗顔料を
使うことが大切です。

そのポイントと選び方ををお伝えします。

洗顔の大事なポイントとは

10代の思春期の頃は、一日に何度も顔を洗っていた人もいるかもしれませんが
顔の皮脂を取り過ぎることはかえって、皮脂分泌を活発にさせてしまうのです。
お肌のトラブルを招き、シミの原因になってしまいます。

美肌のための洗顔のポイントは4つです。

洗顔は皮脂汚れを落とすことが主な目的です

今、いろいろな洗顔料が販売されていて、
どれを選んだらいいのかほんと、迷ってしまいますよね。
でも、自分の軸さえしっかりしていれば、あまり悩むことはありません。

私は洗浄力がお肌に合うものを選んでいます。
というのは、洗顔料の目的は汚れを落とすことだからです。

多くの洗顔石けんや洗顔フォームなどは
美容成分や保湿成分、潤い成分などなど
洗浄成分以外に多くの成分が配合されています。

これらはどれもお肌に良いと思われるものばかりですが、
大半はお肌に浸透せず、洗い流されてしまうそうです。
これでは あまり効果は感じないかもしれません。

洗い上がりがしっとり~と謳っている洗顔料は、
油分が多く配合されているものも少なくありません。
それらの油分は、洗顔後のスキンケアの妨げになってしまうのですからご用心。

だからといって 逆に必要な皮脂まですべて洗い流すような強すぎる洗浄力はNGです。

乾燥気味のお肌の人は、洗浄成分が強すぎる洗顔石けんは
洗顔後、ツッパリ感があるから避けたほうがいいかも。

また、洗顔フォームには界面活性剤を多く含んでいるから気をつけましょう。
いくつか洗顔料を試してみて 自分のお肌にぴったりとくるものを探すといいですね。
丁寧に古い角質を落とすことが、美白肌へのはじめの一歩です。

洗顔料は泡をたてて使うことです

あなたは毎日 どんなふうに洗っていますか?
今や優しく洗うことが常識になり、雑誌やメディアなどでも紹介しているので
基本の洗顔の方法を理解している人は多いと思います。
ですが、ほんとに優しく洗ってる??

分かっていても、毛穴の黒ずみやニキビなど、
お肌のトラブルを抱えている人ほど
ゴシゴシと洗ってしまう傾向にあるようです。

実はこのゴシゴシ洗いの刺激がNGなんです。
くすみや色素沈着の大きな原因になっていることを覚えておきましょう。

たっぷりの泡で、やさしく包む込むように短時間で洗います。
手のひらだけでは十分な泡が立ちにくいのですが、
泡立てネットを利用すると簡単です。

私は泡洗顔が好きで、お肌にもあっていると思うけど
実は、泡洗顔がすべてではないんですね。
泡がたたないクレイ洗顔料や
W洗顔が不要なクレンジングタイプの洗顔料も販売されています。
お肌やメイクの状態に応じて 使い分けてもいいですね。

どの洗顔料を選んでも、基本は「お肌に優しくあらうこと」です。
ゴシゴシ洗いは厳禁です。

すすぎは十分に、仕上げのタオルも重要です

泡で優しく洗った後、お湯でゴシゴシ洗ってはいけません。
最後まで優しくが基本、洗顔料が残らないように十分にすすぎます。
洗顔料がお肌に残ると、酸化して肌老化の原因になってしまいます。
額の生え際のあたりも丁寧に。十分にすすぎましょう。

そして 仕上げのタオルにまで気を配りましょう。
ふっくらと柔らかいタオルで、優しくそっと抑えるように拭き取ることが大切です。

洗顔料選びのコツとは

固形せっけんをはじめ、クリームタイプ、泡タイプ、
パウダータイプ、リキッドタイプが主流です。
最近はゲルタイプも販売されていますよね。

さらにピーリング効果もある洗顔料とか。
ほんと、どれがいいのか悩んでしまいますよね。
価格もマチマチで安価なものから
2,000円から3,000円以上もする高価なものまで様々です。

お財布と相談して価格も大事ですが
自分のお肌に合うかどうか、成分は何が含まれているかを確認したいものです。

界面活性剤などお肌に負担をかけるものを含まず、
きちんと汚れを落とすことができるものがgoodです。

乾燥肌の人は洗浄力が強すぎる洗顔料を使うと
お肌がつっぱってしまう傾向にあります。
洗浄力が特化しすぎると、
大事な皮脂までも取り除いてしまいますから気をつけたいものです。

逆にしっとり潤う洗顔石鹸は、少なからず油分が入っています。
この油分が多すぎると洗顔後のスキンケアの邪魔をしてしまいます。
大事な美容成分の浸透が悪くなってしまうのです。

ですから、しっとりすぎる洗顔石鹸も如何なものか・・・ですよ。
お肌にしっくりと馴染む洗顔料を選びましょう。

あなたにぴったりな洗顔料がみつかります

数ある洗顔石けんや洗顔料の中から評判のよいものをご紹介します。
あなたのお肌の状態に合わせて使ってみると良いと思います。

ニキビ跡や虫刺され等からおこる炎症性色素沈着に悩んでいる人へ

一度使ったら忘れられない洗顔石けん長寿の里「然-しかり- よか石けん」。
以前は「つかってみんしゃいよか石けん」という、
忘れられないようなユニークな商品名だったんですが
ちょっとカッコよく「然-しかり- よか石けん」に生まれかわりました。

このよか石けんの特徴は、
九州南部の火山灰シラスパウダーを原料とした練り石けんだということ。
ざらっとした手触りがきっとやみつきになると思いますよ。

火山灰シラスのミクロパウダーが毛穴の汚れをごっそりと取り除いてくれるから
使い続けると、ワントーン明るいお肌になります。

よごれをしっかり取る洗顔石鹸は、洗い終わると
お肌のツッパリ感がある人が多いと思いますが、
このよか石けんはその逆です。

アロエエキス、コラーゲン、ローヤルゼリーでしっとりツヤ肌に導いてくれます。
潤いある透明肌をめざすなら「然-しかり- よか石けん」です。

★主な成分★
火山灰シラスパウダー、アロエベラエキス、ローヤルゼリーエキス、
コラーゲン、黒砂糖、天然ミネラル、グリチルリチン酸ジカリウムなど

無添加で消炎効果成分を配合し医薬部外品に。
敏感肌の人も安心して使用できます。
そして目指すはシミやくすみのない「透明肌」ですね。

毛穴の黒ずみをすっきりし、お肌をワントーン明るくしたい人へ

98%もの人が使い続けたいと感じているどろあわわ。

「どろあわわ」は沖縄のマリンシルト&国産ベントナイトの泥パワーが魅力です。
とっても細かい微粒子が毛穴に入り込み、ごっそりと取り除いてくれるんですよ。

落としきれない皮脂汚れやシミの元になるメラニンを含んだ古い角質まで、
マリンシルトが吸着してすっきり!
さらにベントナイトがお肌のキメを整え、様々な肌トラブルからも守ってくれます。

さらにさらに、
大豆成分やヒアルロン酸、コラーゲンなどの美容成分がたっぷりと
配合されています。
なんだかこれひとつでいけちゃう!って感じです。
濃厚すぎる泡の重さにびっくりしないでくださいね。

★主な成分★
ベントナイト、黒砂糖エキス、海シルト、豆乳発酵液、ヒアルロン酸Na、
サクシニルアテロコラーゲンなど

肌トラブルをなくし、ワントーン以上お肌を明るくしちゃいましょう!

お肌がどんよりくすみ、ターンオーバーが乱れている人へ

くすみ対策に特化した洗顔石けんと言えば「二十年ほいっぷ」です。

直火釜独自製法で作られた「二十年ほいっぷ」の泡はとっても濃厚でクリーミィ。
気泡が見えにくいほど細かく弾力性があるので、汚れをくまなく取り除きます。
なんと、お肌の膜がとれた・・・というイメージです!

二十年ホイップで洗うだけで
長年のくすみが取れるなんてすごくないですか?

もちろん個人差がありますから すぐにお顔が明るく感じる人もいれば
それなりに・・・の人もいると思いますけどね。

そして、くすみをとりつつ潤いも忘れない。
北海道のホエイが含まれ、お肌に潤いを与えてくれます。
潤いを与えるだけではなく、
石けんの泡の弾力を強くするという役割も担っているようです。

「ホエイ」はチーズを作る工程で生まれる潤い成分です。
ホエイは優れた栄養素や美容成分を含んでいて、
お肌の角質層に水分を送りこみます。ですから、お肌は十分に潤うのですね。

★主な成分★
プラセンタエキス、フランスカイガンショウ樹皮エキス、EGF、
スギナエキス、コエンザイムQ10、ホエイ、スキムミルクなど

美容成分がたっぷり配合された「二十年ほいっぷ」。
エイジング世代のくすみ肌はこれで解消ですね!

洗浄力だけで洗顔石けんを選ぶと失敗します。

洗浄力が強いということは皮脂汚れだけではなく、
大事な潤い成分も取ってしまっているのですね。

中には、美容成分がたっぷり入っているけど
すっきり洗ったような気がしない・・・という洗顔料もありますが
そこは 好みかな と、思います。

どういうお肌になりたいのか、しっかりイメージをすることが大事だと思います。
でも、やっぱり実際に使ってみないと分からないことも多いものです。
評判が良いから使ってみたけどイマイチ。。。と感じることもあるはず。

そういう時は一度使ってみるのがイイと思います。
いきなり定期購入するのは勇気があるけど、
単品購入ならいろいろとお試しできるので使い比べることができます。

まとめます

*スキンケアの基本は洗顔

*洗浄力だけを重視しすぎず、お肌の状態にあったものを

*人気の洗顔料はこれです

お肌も潤いつつシミも薄くなり
汚れはバッチリ取れる・・・なんて、最高ですよね!

あなたのお肌にあう洗顔料が見つかりますように。。。♪

関連記事

医薬品

注目される医薬品でシミ対策を!評判の良い市販薬はこれです

お肌のくすみやシミ対策のために、数々の医薬品やサプリメントが販売されています。 通販限定の

記事を読む

美容ドリンクでシミ対策

シミ対策に美容ドリンクを!今すぐ美肌になりたいあなたへ

シミ対策に限らず美容ドリンクは、ハリや潤いなどを蘇らせるアイテムとして、  幅広い年代の女

記事を読む

シートマスクでシミ対策を!美白肌をめざす使い方とは

美肌に気を配っているなら一度は使った事があるシートマスク。 最近はいろいろな成分が配合され、目的別

記事を読む

市販薬でシミ対策

市販薬でシミ対策をしませんか?飲み薬を選ぶポイントとは

最近は女性の美白に対する意識も高くなり、 美白化粧品以外にもさまざまなサプリメントや飲み薬

記事を読む

シミ対策ピーリング

ピーリングはシミに有効?ニキビ跡のシミに悩んでいるあなたへ

「ピーリングはお肌にとってあまり良くない」というイメージを 持っていませんか? ゴシ

記事を読む

シミケアの方法

サプリメントでシミ対策を!カラダの中から透明美肌をめざす

シミ予防や対策には主な原因とされる、 紫外線を浴びないようにすることが一番だと思われていま

記事を読む

シミ対策の方法

シミ対策に使いたい美白化粧水!失敗しない選び方とは

化粧品を購入して、思ったほど効果を感じなかった・・・なんてこと、ありませんか? 雑誌で

記事を読む

トマトのリコピン

シミ対策のために紫外線が強い季節に摂りたい食材とは

お肌にとって大敵である紫外線は一年中降り注いでいます。 夏だけではありません。 シミのな

記事を読む

シミケアの方法

レモンでシミ対策はできる?間違えると逆効果になるビタミンCの摂り方

シミ対策などの美肌によい成分と言うと ビタミンCをあげる人は多いと思います。 美容のため

記事を読む

シミケアの方法

ウォーキングはシミ対策にも効果あり?運動不足はお肌トラブルのもと

このサイトでも何度も生活リズムを整えて 適度な運動をしましょうとお伝えしていますが、 美

記事を読む

シートマスクでシミ対策を!美白肌をめざす使い方とは

美肌に気を配っているなら一度は使った事があるシートマスク。 最近はい

シミ対策に期待される美白成分とは?

美白のためには、成分をしっかりとチェックしたいものです。 美白化

III型ビューティードリンク
「III型ビューティードリンク」はエイジングケア成分がたっぷり!口コミやレビュー

お肌のためだけじゃない、優れた美容ドリンクを見つけました。

トマトのリコピン
シミ対策にはリコピンは外せない!優れた作用って?

Q.最近、トマトに含まれているリコピンがシミ対策によいと耳にし

日焼け止めサプリメント
日焼け止めにサプリメントは効くの?今ウワサの「飲む日焼け止め」

最近紫外線対策として、注目を集めているのが「飲む日焼け止め」で

→もっと見る

PAGE TOP ↑