きれいになりたいと誰もが願うこと。シミ対策のための予防、改善、化粧品の選び方などお伝えしています

menu

シミネクスト~シミ対策の化粧品を正しく選びサビない美肌へ~

色素沈着はシミの原因?ならないためのポイントとは

色素沈着によるシミを増やしている人は多いのではないでしょうか。
正確には「炎症性色素沈着」と言います。
ニキビや虫刺され、または傷など、お肌に炎症をおこし
その跡がシミになってしまったものです。

頬からあごの辺りにできるニキビは、
特に炎症性色素沈着を起こしやすいと言われています。
ニキビの上から日焼けをすると、ますます色素沈着がひどくなるようです。

ニキビができると多くの人はノーメイクだったり、
ニキビの辺りはできるだけメイクで刺激を与えないようにしているので、
当然と言えば当然ですよね。

また、腕や足の虫刺されの跡。
茶色くシミのように残っていませんか?これも炎症性色素沈着です。

ほかには、メイクを落とす時に
コットンでふき取る、ゴシゴシこすって洗顔をする人も要注意です。
アイメイクを落とす時は、コットンでしっかり拭き取りがちですよね。
たぶん、多くの女性は無意識でやっているのかもしれませんね。

そして、強い力でマッサージをするなど
お肌をいつもこする習慣がある人は、慢性的な炎症を起こしていることが考えられます。
それがメラニンの生成を増やし、顔が全体的にくすんで見え、
地黒のような印象を与えてしまうこともあります。

また中には、使っている化粧品がお肌に合わないのに使い続けて炎症を起こし、
そこから色素沈着になってしまう人もいるのです。

この炎症性色素沈着は、炎症の原因を取り除けば
数年かけて治ることが多いようですが、
知らず知らずに日焼けをしてしまい、しっかりシミとして残ってしまうこともあるようです。

また虫刺されや傷跡などもシミになる原因と考えられます。
年齢を重ねてターンオーバーが崩れてきた時期は要注意です。

色素沈着が原因のシミ対策

まずは生活習慣というか、日頃の癖などを見直してみましょう。
予防はやはりお肌に刺激を与えないことです。
お肌をこするようなスキンケアは厳禁です。

ニキビや傷などが出来た時は、日に当たらないように
パウダーファンデーションを塗ったり、傷口にテープをはったりと
紫外線を予防することが大切です。

そして、美白化粧品をつかって丁寧にスキンケアを行いましょう。

炎症性色素沈着にはピーリングがいちばん即効性があるので
お肌の状態を見ながら、週に1回くらいは
ピーリングを取り入れてもいいかもしれません。

また、夏の時期の虫刺されにも気をつけましょう。
素肌を見せる機会が多いので、レジャーに夢中になっていると
いつのまにか蚊にさされていることも。

その時の健康状態やお肌の状態、タイプによって
虫刺さされの痕が色素沈着をおこし、黒ずんでしまいますから
たかが虫刺されなどと思わずにケアをしたいものです。

「炎症を早くとる、掻かない、日焼けをしない、乾燥させない」の4点に注意して
ケアをおこないましょう。

時間が経つと色素はお肌の奥深く沈着してしまいます。そうなると
セルフケアでは改善できず、皮膚科などの治療が必要になってしまいます。

ターンオーバーを促すピーリングや
EGF(上皮成長因子 ヒトオリゴペプチド-1)配合の化粧品なども有効のようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事