きれいになりたいと誰もが願うこと。シミ対策のための予防、改善、化粧品の選び方などお伝えしています

menu

シミネクスト~シミ対策の化粧品を正しく選びサビない美肌へ~

ブルーライトはお肌に影響あるの?油断をすると肌老化へ

ブルーライト

Q.ブルーライトって何?お肌に影響はあるのでしょうか

働く大人女子にとって、紫外線対策は今や常識ですよね。
屋外では日焼け止めに加えて、日傘や手袋、帽子など日よけグッズは欠かせません。
オフィスでもUV効果が高いファンデーションを使っているはず・・・です。

ブルーライト

そこで忘れてはいけないのが「第3の紫外線」と言われている存在なんです。

それはブルーライト!!

オフィスでPCと向き合っている人はもちろん、
仕事が終わってPCやスマホをいじっている人はとっても多いと思います。
(スマホなんて、しょっちゅう触ってますよね)

PCなどからブルーライトが出ていることはご存じだと思いますが
詳しく説明しますね。

実はこのブルーライト、眼だけではなく、お肌に影響を及ぼしているのです。

そもそも ブルーライトとは何でしょうか。
ちょっと難しくなりますが、調べてみました。

電磁波のうち、人の目で見える波長が可視光線です。
可視光線の波長は、約400~800nm(ナノメートル)で
そのうちブルーライトは380~500nmの青色光をさしています。

ブルーライトは、可視光線の中でもいちばん波長が短く、
強いエネルギーを持っています。
(ちなみに、400nmより短い波長が紫外線、700nmより波長が長くなると赤外線です。)
つまり、紫外線に一番近い強いエネルギーを持っているのが
ブルーライトだという訳です。

ですから、長時間スマホをいじったりPCをカタカタしていたりすると
目がとっても疲れますよね。
仕事で一日中PCをしている人は、目をとっても酷使しているという訳ですよね。

でも、実はダメージがあるのは眼だけではないのです。

お肌の老化を引き起こすブルーライト

ブルーライトが紫外線に次ぐ、強いエネルギーを持っているということが分かると
お肌に影響があるということは理解できると思います。

ブルーライトを約1時間浴び続けると
お肌のくすみをおこし、シミの原因になるのだそうです。

さらに夜遅くまでブルーライトを浴びる状況にいると、
睡眠の質が悪くなり、肌荒れやお肌の老化まで引き起こすことにも繋がります。
さらにさらに、老化の原因とも言われている活性酸素が増加することも分かっています。

ほんと、こわいですよね~~
毎日 紫外線対策だけ一生懸命やっていても
シミが消えないのは、ブルーライトも関わっていたのかもしれません。

今すぐ守りたいお肌!ブルーライト対策

今やスマホやPC、タブレットなどは生活の一部、
ブルーライトを上手に防ぎたいものです。
アフターケアというよりも、ブルーライトを浴びることを防ぎましょう。

例えば
・ブルーライト対策用の眼鏡を使う
・PCのディスプレイからの離れて操作する
(文字を大きく表示するのもひとつの方法です)
・ディスプレイの明るさを下げる
(PCの設定を変更すればOKです)
・ディスプレイからの距離をとる
(文字を大きく表示するのもひとつの方法です)
・寝る前のPCやスマホはできるだけやめる

いかがですか?
特にお仕事で一日中PCとにらめっこをしている人は要注意です。
とはいえ、お肌に良くないと分かっていても 完全に「ナシ」にすることはできませんから
上手にブルーライトと付き合っていきたいものですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事