40代のシミ対策とお肌の特徴 若さを保つスキンケアとは

40代のシミ対策

最近なんとなく、お肌がくすんできたような気がしませんか?

お肌の状態は年齢や生活習慣によって大きく変わってきます。
今までスキンケアをあまりしていなかった人は
急にお肌の衰えを感じる年代かも。。

また、夏を過ぎて秋風が吹くころ、お肌の変化を感じる人も多いようです。

加齢に伴って状態が変化しているのに、
今までと同じスキンケアで、同じ化粧品を使っていたのでは
効果がでないどころか、逆にお肌にとって悪い影響を与えてしまうかもしれません。

一般的な40代のお肌の状態を参考にしながら、自分のスキンケアを考えてみませんか?

【まず、自分のお肌の現実を知り、今すべきことをチェックしてみましょう!】

40代のお肌の現状は

30代の後半から40代にかけて、だんだんお肌の老化が加速していきます。
若いころから、長時間かけて蓄積された紫外線のダメージが
シミやくすみ、シワとなって表面化していきます。

さらに、女性ホルモンの分泌量が低下していくので
コラーゲンの弾力もなくなります。
ほうれい線や眉間のしわ、または毛穴のたるみなども現れてくるようです。

40代になるとだんだん、お肌の角質層が不安定になってくるので
肌トラブルも起こりやすくなるのですね。ターンオーバーも乱れてしまいます。
お肌のトラブルのオンパレードということですね~^^;

女性ホルモンが減少するので当然なのですが、
生理と同じ28日周期だったものが40代ではなんと、約40日だと言われています。

早い人は更年期の症状が現れる人もいます。
症状は様々なんだけど、女性雑誌では「プチ更年期」と呼んだりもしていますね。

40代の女性がすべきこと

30代のお肌と同様に、積極的なスキンケアを行いましょう。
「攻める」ということですね。

古い角質を取り除くためにはやはりピーリングが効果的です。
お肌の新陳代謝を促してくれます。週に1回程度行うといいでしょう。
AHA(フルーツ酸)などピーリング効果が期待される成分を配合している洗顔料がgood!です。

また、時間や費用に余裕があれば、エステサロンを利用してもいいですね。
仕事や家事などで疲れているとお肌に影響しますから
プロのマッサージを受けてリフレッシュするのも 良い方法だと思います。

心身ともに疲れが出てくる40代。
ストレスや疲労感は溜めこまず、エステティシャンのマッサージで解消しましょう。
そして大事なポイントは徹底したメラニン対策を行うこと。
シミは夏にできて、冬に消えてなくなるものではありません。

今まで浴びてきた紫外線の蓄積がすべて、シミとなって現れてくるのです。
お肌の奥には「隠れジミ」が潜んでいますよ。
シミがある部位だけではなく、お顔全体に美白化粧品をつけましょう。

40代女子におすすめのシミ対策

シミ対策には予防が大事です。

シミにはいろいろな種類がありますが
老人性色素班の症状が軽いものや肝班、または色素沈着など
すでにできてしまったシミには、ビタミンC誘導体やハイドロキノンなどの美白成分。
まだ、お肌に出てきていないシミの予防には
アルブチン、トラネキサム酸などの美白成分を配合している化粧品がおすすめです。

ここでつい油断をしてしまうのが 秋から冬にかけてのスキンケア!

紫外線は一年中降り注いでいますし、
ターンオーバーが遅れている40代のお肌はシミ予備軍がどんどん増えています。

ですから、
美白成分は季節や天気などに関係なく、
一年中お肌に与え続けてこそ、その効果を発揮してくれるのです。

~ターンオーバーとは~

私たちの肌は、定期的に表皮が生まれかわることで、
若々しいお肌を保つことができます。

基底層で新しい表皮細胞が生まれ、古くて硬くなった角質細胞は
アカとなって剥がれおちるのです。
その周期が若いころは大体28日なんですが。。。

加齢とともにターンオーバーの周期が遅くなるので
お肌は弾力を失って硬くなり、古い角質が剥がれおちないので
くすんで見えるというわけです。
そして、お肌の再生が遅くなるのでメラニンも残りシミとして現れるのですね。

ちょっとした切り傷が治りにくかったり、虫刺されの痕が色素沈着になった・・・などの
経験がある人は、ターンオーバーの周期が遅くなっているのかも~。

——————————-

もうひとつ、40代女子が気をつけたいことは「肝斑」です。
肝斑のページで詳しく説明をしていますが
これは30代から40代のお肌にあらわれます。

いくら紫外線対策をばっちりしていても、スキンケアをきちんとしていても
女性ホルモンが原因だと言われているシミですから
できてしまうのですね。

特に今までたくさん紫外線を浴びる機会が多かった40代女子のお肌は
老人性色素斑だけではなく、肝斑も混在している可能性が高いのです。
肝斑の場合は、セルフケアでの改善が難しいので
皮膚科に相談をしたほうが早いでしょう。

間違ったケアを続けていると悪化してしまい、
ますますお肌がくすんでしまうことにもなってしまいます。

また、過度なストレスを感じないような生活習慣を
送ることも大切です。
もちろん睡眠や食事、運動など、お肌に影響を与えますから
この機会に、自分の生活を見直してみるといいかもしれません。

まとめます~40代のシミ対策のポイント

*紫外線対策はあたりまえ、一年中日焼け止めを

*美白化粧品も年間を通して使いたい

*お肌の状態をチェックし、肝斑にも気をつける

*生活習慣を見直し、ストレスを溜めない生活を

*お肌の状態によっては専門医に相談をする

関連記事

記事はありませんでした

美容皮膚科の体験レポ~その1~ 美容皮膚科に行ってきたよ!

ウチの近くに皮膚科が開院しました。 開院予定の看板がたってから 

プラセンタでシミ対策はできるのか?!その効果や選び方は?

プラセンタは果たしてシミに効果があるのかな?と思っていませんか。

シートマスクでシミ対策を!美白肌をめざす使い方とは

美肌に気を配っているなら一度は使った事があるシートマスク。

敏感肌 シミ対策
シミ対策に期待される美白成分とは?

美白のためには、成分をしっかりとチェックしたいものです。

III型ビューティードリンク
「III型ビューティードリンク」はエイジングケア成分がたっぷり!口コミやレビュー

お肌のためだけじゃない、優れた美容ドリンクを見つけました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑