きれいになりたいと誰もが願うこと。シミ対策のための予防、改善、化粧品の選び方などお伝えしています

menu

シミネクスト~シミ対策の化粧品を正しく選びサビない美肌へ~

肝斑を消すための対策は?一般的なシミと肝斑は違います

シミの種類肝斑

シミの種類肝斑

肝斑という言葉は聞いたことがあると思います。
テレビCMでも、よく肝斑(カンパン)の治療薬を紹介していますよね。
ですが、肝斑はシミの中でもなかなか治療が難しいと言われています。

そもそも肝斑とはどういうものでしょうか。
肝斑は頬骨あたりや額、口の周りなどに左右対称に現れ
もやっとした、くすんだように見えるシミです。

老人性色素班と見分けがつきにくい場合もあり
普通のシミなのか肝斑なのか、分かりにくいこともあります。
丸い点々としたシミは肝斑ではないのですが
素人ではなかなか見分けにくいものです。

肝班ができると、メイクをしてもその輪郭がうっすらと出てきてしまうこともあり
顔がくすんで 老けた印象を与えてしまいます。

肝斑の原因は?

肝斑はおもに30代から40代の女性が発症することが多く、
その原因は はっきりとは分かっていませんが
妊娠や出産、またはピルを服用した女性に多くみられることから
女性ホルモンが関係しているのでは・・・と言われています。

またストレスも要因のひとつと考えられます。
ストレスを感じるとホルモンバランスが崩れるということに
繋がるからなんです。

紫外線はシミの大きな原因のひとつですが、
肝班に関しては原因という訳ではありません。
なので、紫外線予防はきちんとしているのに
肝斑は発症することがあるということなのです。

老人性色素斑と同じようなケアでは肝斑には
効果は期待できませんので、
まずはシミなのか肝斑なのかを知ることが大切です。
セルフチェックで確かめましょう。

1.ピルを服用している

2.妊娠している

3.出産をしたことがある

4.左右対称にぼやっとしたシミがある

5.頬骨あたりにシミがある

6.紫外線対策はしている

7.30代以降にシミが増えたような気がする

——————————————–

いかがですか?
あてはまる項目が多ければ肝斑かもしれません。

ですが、シミと肝斑の見分けは難しいものです。
いつもシミ対策行っているのに効果を感じないのであれば
皮膚科に受診したほうがいいでしょう。

 

肝斑の対策はどうしたらいい?

肝斑の治療にはトラネキサム酸が知られています。
トラネキサム酸は、抗プラスミン作用を持つアミノ酸で
もともとは抗炎症剤として使用されていました。

トラネキサム酸のページでもお伝えしていますが
この成分が肝斑に有効だとされています。

肝斑の治療法というと、思い出すのはCMでおなじみの「トランシーノ」ですね。
この「トランシーノ」にはトラネキサム酸が配合されています。
他にもL-レスチンやアスコルビン酸など。

1日2回の服用を8週間続けると効果が期待できるといわれているので
美白化粧品ではなにも変わらなかった人は
試してみるといいかもしれません。

これはサプリメントではありませんから、きちんと用法を守ることが大切です。
心配な人は薬剤師に相談するとイイと思いますよ。

他には光治療やケミカルピーリングがありますが
どちらにしてもセルフケアは難しいので、
受診をそて適切な治療法を受けたほうが近道のようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事