きれいになりたいと誰もが願うこと。シミ対策のための予防、改善、化粧品の選び方などお伝えしています

menu

シミネクスト~シミ対策の化粧品を正しく選びサビない美肌へ~

美白成分 トレチノインについて調べてみた!効果や副作用は?

美白成分

美白成分

シミについて調べたことがある人は、トレチノインという成分を聞いたことがあるでしょう。

トレチノインとは
ビタミンAの10倍から300倍もの生理活性を行うビタミンAの誘導体です。

お肌に蓄積しているメラニン色素を排出してくれるので、
ニキビ跡やシミに効果があると言われています。

また、古くなった角質をはがし、ターンオーバーを促進させます。
残念ながら日本では認可されていませんが
アメリカでは、角質をはがす効果があるので
ニキビの治療薬として処方されているようです。

トレチノインの働きと副作用

トレチノインのお肌への効果は以下のようなものがあります。

1.古い角質をはがします。
2.皮脂の分泌を抑えます。
3.表皮の細胞の分裂を促進させ、皮膚の再生を促します。
4.コラーゲンの分泌を高めます。
5.ヒアルロン酸の分泌を高めます。

こう見てくると、ニキビやシミ、しわにも優れた効果を期待でき
アンチエイジング世代には最適な有効成分のようですね。

ですが、日本には認可されおらず副作用も心配されます。

トレチノインでの治療をしたい場合は専門医に相談をするといいでしょう。
医師の指示通りに治療をすすめることが大切になってきます。

トレチノインの副作用は、主に皮膚の炎症があげられ、
お肌の赤みや皮むけ、または刺激感があります。

多くの場合、治療後3日くらいから赤みがでたりヒリヒリしたりする症状が
現れることがあります。これらの痛みはトレチノインが効いていることの
目安のようですが、あまりに痛みがひどくなる場合は使用を中止し、
専門医を受診して指示を仰ぎましょう。

また、炎症後に色素沈着の症状が出る場合もあるようです。

この炎症を防ぐために、ハイドロキノンを併用しますが
ハイドロキノンは紫外線に弱い特性を持っているので
しっかりとUVケアを行うことが大切です。

日本では認可されていないトレチノインですが、
海外輸入で購入することができます。

濃度も様々で、濃度が高くなればそれだけ効果も高いことが考えられますが
その反面、副作用も大きくなることを考えなければいけません。

ですからいきなり濃度が高いものから始めるのは危険を伴いますから
十分に調べた上で比較検討をし、購入するようにしましょう。

安全面を考えると、医師に相談をしたほうがいいかもしれません。
副作用も考えられるために、お肌の状態を診察してもらい
どの方法がいいのか、判断をゆだねるほうがいいでしょう。

トレチノインを使用すると、治療の過程として
お肌が赤くなり、その後ボロボロと垢のように皮膚がむけていきます。

ですから、副作用を最小限に抑えるためにも
医師の指導のもとに使用するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事